Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 20日

母と「カーテンズ」観劇

フラメンコのLessonを終えて、東京国際フォーラムへ。
母と待合わせて、ブロードウェイミュージカル「カーテンズ」の観劇。
私は、2回目の観劇です。
同じ作品を2回も見るなんて、びっくりする人も多いんだろうなぁ~。
もともと演劇部だった私は、舞台とかを観るのがすごく好きで。
同じ作品を繰り返し見ることに対して、ちっとも疑問を持ちません。
TVドラマや映画とは違い、ナマモノの舞台。
その時の見る側の気持ちやキャスト側のコンディションによって、
違った見え方をしてくるのが面白いです。

会場に着いて、まずは母と腹ごしらえ。
東京国際フォーラムの地下にある「つるはん」へ。
e0089003_13345746.jpg
京都のうどんやさんです。
京水菜とやまと豚のはりはりうどん
麺にしっかりコシがあって、あっさりしているものの出汁が効いていて美味しかったです。



2回目のカーテンズ
客席には、なんと森光子さんの姿!
そっかぁ~、ヒガシ君の永遠の恋人(?)だもんね~。
2年前に「放浪記」を観に行った時にも、さすがの年齢を感じたけど、
その頃よりももっと小さい感じだなぁ・・・。
!!!って、もう90歳なんですもんね~。
そして、客席前方には楠田枝里子さんの姿も。
なんだか客席もゴージャスな舞台でした(笑)

2回目の観劇だと、ストーリーもより理解できて楽しく見ることができました。
細部に「ホホ~ッ!」な部分を見つけて楽しんだり。
キャスト陣も、前回観た時以上に役にこなれてきているという感じで、
ナチュラル感がUPしていて。
アドリブらしいところなどもあって、面白かった。
初めて見たときは、
お気に入りの大和悠河さんに対しても「うーーーん・・・?」という感じだったけど、
華やかな美人さんなお顔がクルクルと表情を変えていたのが、とってもキュートでした。
とはいえ、お隣のお席の我が母。
おっと・・・爆睡・・・っすか?
そうだった~~~~。
うちの母、洋画とか観ていても、眠くなっちゃう人でした。
横文字の名前(外国のストーリー)が得意じゃないらしい(苦笑)

by azurblue | 2010-02-20 23:59 | 舞台&映画


<< 銀座キハチLunch      妹ちゃんと姪っ子ちゃん >>