Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 28日

雨に咲く紫陽花の花

梅雨時期のシトシト雨と違って、なんだかビックリするような豪雨。
うーーーーっ。
夜はフラメンコのLessonなのに、このすごい雨は憂鬱だわ。
と思っていたら、オフィスを出る時には上がっていました。

オフィスからスタジオまで、徒歩で向かっている道中。
雨に濡れた紫陽花を発見。
紫陽花って、ホントに雨が良く似合う。
e0089003_11475690.jpg
紫陽花の花言葉は、「移り気」
次々と色を変えていくその姿から"移り気な花"と呼ばれるのか。

でも。
以前読んだこうむらゆみかさんの本「花ことば物語」には、こうあります。
 >アジサイは、咲き始めからだんだんと花の色を変えることから、
 >移り気な花と呼ばれていますが、
 >これは心変わりからではなく、美しくなるための試行錯誤のような気がします。
 >現に、いちど地面に根を張ったアジサイは、冬の間は枯れたように見えながら、
 >春になると再び、強い生命力で新芽を伸ばし、緑の葉を広げます。
 >そしてその花たちは、日々美しくなるために色を変え、
 >それでも満足せずに、また、色を変えていくのです。

冬の間は、じっと息を潜め、春になるとパッと見事に咲き誇る。
咲いてからでさえ、美しくなる為に日々色を変え、
さらに色を変えながら元気に輝こうとしている紫陽花の花。
そんな姿からか、フランスでの花言葉は「元気な女性」なのだとか。
e0089003_1148273.jpg
私も、日々に満足せずに、色を変えて美しく生きたいものだわ、と。
もっとキレイに色づいていきたいものだわ、と。
紫陽花を横目に、スタジオへと足を向ける。



発表会のお稽古もしなければいけない状況ではあるものの。
秋の地方公演に向けてのお稽古を。
アレグリアスは、ラストの引っ込みの部分が変更となり。
バタ・デ・コーラを回って蹴って、回って蹴って、回って蹴って・・・・。
もはや自分がどっちを向いているのかわからなくなる・・・。
前半&後半とメンバーが変わるので、それぞれ続けてLesson。
通しで参加するメンバーは、結構ハードでござます。
さらに・・・。
前半&後半とフォーメーションが違うので、自分の立ち位置も違っているわけで。
Lesson中、見事に迷子になるワタクシであった(苦笑)

by azurblue | 2010-06-28 23:59 | ツブヤキ


<< COBARAPETTA@新中野      ホテルの朝食 >>