Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 20日

「宝塚BOYS」を観劇

二日続けて観劇というのは、結構スケジュール的にもハードなのですが・・・(苦笑)
まっちゃんと二人でシアタークリエにて「宝塚BOYS」を観てきました。
自分の発表会が近くて、観劇とかいう余裕もないハズなんだけど(焦)
初演の評判が良かったと噂を聞いていたので、是非観たいと思っていたのが叶い嬉しい。
e0089003_12223649.jpg
評判通り、かなり良かった!
宝塚歌劇団の男子部として集められたメンバーが、
いつか大舞台に立つ日を夢見て稽古を続けるんだけど、
それぞれにぶつかりあったり、いろんな境遇故の葛藤があったり・・・。
そういう姿がすごく青春してて、爽やかに気持ち良く胸をうたれました。
結局、伝統を重んじる宝塚歌劇の世界では、周知の通り「男子部解散」に・・・。
この男子部のメンバーたちの必死な思いとか、結局叶わなかった彼らの夢。
観ていて、とても切なくなってしまって、泣けて泣けて・・・。
また、ストーリーの中では戦争が影を落とし、
ちょうど観劇時期が8月ということもあり、戦争についても改めて考えさせられたなぁ。
すごくじっくり考えさせられる部分もあり、お腹抱えて笑わせてくれる部分もあり、
最後はかなり号泣・・・。
久しぶりに大満足の舞台を観れたな~という感じ。
パンフレットには、
当時の本物の「宝塚男子部」のメンバーの写真やインタビューなども載っていて、興味深い!
出演メンバーでは、DIAMOND☆DOGSヨシ君東山義久)が出ていて、
相変わらずのキレのあるダンスはさすが!
彼のダンスは、ずーっと観ていたいなぁ~って気持ちにさせられます。

by azurblue | 2010-08-20 23:59 | 舞台&映画


<< そふりっと再び@王子      宝塚雪組「ロジェ/ロック・オン... >>