Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 13日

桃太郎伝説の神社で早朝参拝@吉備津神社

朝、出発の時間までのんびりだったので、頑張って早起きをしてお出かけしてきました。
岡山駅から電車で30分ほどの「吉備津神社」へ早朝参拝。
2両編成の可愛らしい電車に乗って、車窓からののどかな景色を楽しみながら吉備津駅到着。
e0089003_1312098.jpg
駅前・・・だーれもいません(笑)
駅から吉備津神社までは、石造りの鳥居があり、松並木の参道が美しい。
e0089003_1314097.jpg
吉備津駅から参道を歩いてたどりつくのが、こちらの石段。
拝殿へ向かう階段ですが、結構勾配がキツイです。
e0089003_1321417.jpg
一気に石段を登りきったところにあるのが、「北随神門-きたずいじんもん-」
国の重要文化財に指定されています。
e0089003_1324327.jpg
上がりきった正面は、すぐに拝殿となっていてお社と繋がっています。
こちらの主祭神は、「大吉備津彦命-おおきびつひこのみこと-」
この大吉備津彦命は、むかし吉備地方:鬼ノ城に住む「温羅-うら-」という 鬼を鎮め、桃太郎伝説のモデルになったのだそうです。
一般的には、鬼門である北向きには建立されないと言われる神社ですが、
この吉備津神社は、お社が来た向きに建っているそう。
そして、その方角には、「鬼ノ城」があるそうで。
e0089003_133406.jpg
拝殿を右に進むと、長~~~~い回廊があります。
これが、ホントにすごいっ!
e0089003_134655.jpg
スケールの大きな回廊に、圧巻。
一直線に伸びる回廊は、その長さ398m!!!
吉備津神社は、この長い回廊が有名ということは知って訪ねて来たものの。
いざコレを目の前にすると、想像以上に心躍ります。
回廊の途中にも、いくつものお社が並ぶのですが、帰りの時間を気にしてタイムアウト。
肝心の本殿を回ります。
e0089003_1351633.jpg




さて、肝心の本殿
この本殿の凄さがわかるのは、拝殿の横を左にグルッと回ってから。
壮大な規模のこの本殿は、国宝となっています。
本当にキレイな建築です。
e0089003_139563.jpg
吉備津神社は、強いパワースポットとして有名だそうですが。
正直、そういう"パワー"とかいうものを、疎い私にはわからないけど・・・。
心を柔らかく落ち着かせる雰囲気をまとっているというか。
また 逆に背筋をシャンと正せるような雰囲気を携えているというか。
そんな独特の空気こそが、いわゆる"パワー"と呼ぶものなのかもしれません。
e0089003_139521.jpg
いただいた吉備津神社のご朱印。
e0089003_13152511.jpg
敷地内には、学問&芸能の神様を祭る「一童社」もあって、
私たちはこちらで踊りに精進できるように・・・としっかり拝んで、吉備津神社を後にしました。
e0089003_13131880.jpg
神社を出たところで、鬼さんがお土産売ってました。
桃太郎に捕らえられ、改心したのかもしれません(笑)
e0089003_13133646.jpg


by azurblue | 2012-01-13 10:00 | 旅*中国地方


<< 障害があったって☆元気に「オレッ!」      瀬戸内料理と烏城 >>