Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 03日

スペイン国立バレエ団:グリート/セビリア組曲

フラメンコのレッスンメイト:amayaと、
スペイン国立バレエ団の公演を見にオーチャードホールへ。
前回の来日時、Aプロ・Bプロ共に観に行きましたが、
あれから6年ぶりの来日になるそうです。
e0089003_143014.jpg
今回は、Aプロを観に。フラメンコの舞台を観に行きたいな、と思いつつ。
最近、なかなか足を運べずにいたのですが、
やっぱり、舞台は定期的に観に行くべきだわ~と思いました。
本当に、素晴らしかった!

フラメンコだけでもなく、バレエだけでもない。
モダンダンス的要素も入っているし、もっとリズム的な要素も入っている。
「世界で最も熱い舞踊がやって来る!!」というキャッチコピーの公演でしたが、
"熱い"だけのものでもない。

うちの先生が良く言っている「冷静に熱く」「強く柔らかく」という、
一見相反することのようにも思える要素がしっかりと表現されていて、
「先生が言っているのはコレね!」というのをしっかり観てくることができました。

ものすごいテクニックに傾倒しているようでもないのです。
リズム・パソ・肉体の動きetc…が、すべて的確に丁寧に表現されていて、
本当に見惚れてしまい、アッという間に過ぎてしまった公演。

前回公演を見てから6年。
少しは舞台を見る目も成長できたかなぁ…?
いや、、、、やっぱり「スゴイ!キレイ!カッコイイ!楽しい~!!」でした(苦笑)



by azurblue | 2013-02-03 23:59 | 舞台&映画


<< アンテプリマのストラップ      水槽のあるダイニング@銀座 >>