Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 04月 14日

アイーダ・ゴメス「カルメン」

e0089003_1393770.jpg待ちに待ったアイーダ・ゴメスの「カルメン」をbunkamuraオーチャードホールにて見てきました。
2階席という、S席のくせに遠いじゃないのよぉ~
という席ではありましたが、緞帳が上がると、とたんスーッと舞台の世界に引き込まれました。
今回の舞台、もうそれはそれは見所盛り沢山という感じで、瞬きさえも惜しまれるほど。
2時間のステージは、色とりどりの素敵な衣裳が、
まるで花が咲いたようにはらはらと舞って、観客を楽しませていました。
開演と同時に始まったセビジャーナス。「あれ、セビだよね?」と確認したくなるほどエレガントに踊りあげられ、「タンゴ」&「ブレリア」は、まさに今私が必要としているものだけれど、その雲泥の差に、口開いた。
闘牛士の踊りは、そのままファルーカに通じるわ!フムフムと見ていれば、
さらに「バタ・デ・コーラ(=裾のながーい衣裳)+マントン(=大判ショール)」や
「アバニコ(=扇子)」の登場。嬉しい悲鳴を上げそうになりました。
「カルメン」という誰もが知っている筋書きをただオーソドックスになぞるだけでなく、
情熱的かつ冷淡な女性をアイーダの「カルメン」で演じきっていたんだなぁと思いました。
いやいやいや、ホント良かった。
・・・こんな素敵な舞台をみて、翌日は土曜日Lesson。
この舞台は、何かLessonに活かされたりするものでしょうか・・・、ハハハ( ▽ ;)



舞台後は、エッちゃんセンセとamayaと3人でお食事。
スペイン料理食べに行こうと2件回ったものの、空いておらず・・・。
夕食難民になりかけたところ、スペイン坂にある「BIO Cafe」というお店に入りました。
「食べてキレイになる」というテーマのこのカフェ。
単にヘルシーなお料理というだけじゃなく、季節のこだわりなんかもあって、
すごくおいしいお料理ばかりでした。
このお店、同じスペイン坂にあるあの「人間関係」がプロデュースしているお店なんですって。
e0089003_13155064.jpg


by azurblue | 2006-04-14 23:59 | 舞台&映画


<< テンションの上げ方      劇団クラゲ荘:観劇 >>