2006年 06月 04日

日本縦断企画:青森料理「なか村」

e0089003_1434378.jpg23区ダーツの旅で散々歩き倒した後は、美味しいご飯と美味しいビールにつきます。
先月から始まった「日本縦断食べつくし企画」をやってしまえ~ということで、先月の名古屋に続き、今月は青森料理。
品川:大井町の青森料理割烹「なか村」へ。
最初、マスターや奥さん(かしら?)の雰囲気が、ちょっと怖い感じで、一見さんに冷たい雰囲気があったのでドキドキしましたが、言うなれば「料理人!」って感じ。
だけどそんなお店だからこそ、「美味しいものを食べさせよう」という気構えが良くわかるお店です。「コレは、お塩で食べて」「熱いうちに食べてね」etc・・・。
一番美味しい状態で口にできるようにアドバイスをしてくれます。
また、一品一品ちゃんと小皿を取り替えてくれる気配りとか。
しばらくすると、マスターたちから「今日はどこから来たの?」なんて話しかけてくれました。
こだわりがあって、ホントは温かいお店なんだなぁ~と実感。



お料理は、何が美味しいって、まずはお刺身!
お任せでお願いしたお皿の中に、アナゴの稚魚。(・・・うーん、名前は何と言ったかな?)
透明で細長く、ツルッとしていてキレイ。初めていただきました。
また、こちらも同じくお任せでお願いしていた天ぷら。
ふきのとう、せり、こごみ、こしあぶらetc・・・。
春の山菜の天ぷらは、なんとも大人のお味で、
C'sメンバーの中には、まだまだお子ちゃまが多く苦手な人もいたみたいだけど、
私は美味しくいただきました。
そして、なんといっても絶品は「素焼き(もとやき)」(スヤキって読んでたよ・・・。)
お酒は、お店名物という「紫蘇梅サワー」をいただいたり、地酒「ねぶた」をいただいたり。
最初はどうなることかと緊張しましたが、帰りは気持ちよい足取りで帰ってきました。
e0089003_1475549.jpg


by azurblue | 2006-06-04 22:30 | 外ごはんDiary*都内


<< 席朝族      C's:23区ダーツの... >>