Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 01日

銀座にて、映画「ダ・ヴィンチ・コード」

e0089003_10285843.jpg
夕方から、久々にワカナッチと二人で銀座。
プランタンで落ち合ったけど、いやいや世の中はちょうどバーゲン真っ最中なのですね~。
あまりの人ごみにビックリしちゃいました。
まずは早めのご飯。以前から気になっていた「自然式食堂 餉餉(けけ)」へ。
約60種以上のお料理をビュッフェスタイルで楽しめるお店です。
主食系には、白米・玄米・黒米・雑穀米・オーガニックパスタなどが揃っています。
お野菜系は、和食を中心に普段色々な種類を一度に食べるのが難しい煮物などが豊富。
人参があまり好きじゃない私も、
ココの人参は臭みが少なく甘みが多く、美味しくいただけました。
お野菜って、こんなに自然の甘みを持ってるんだな~って感じられるお料理ばかりです。
自然食なんてうたわれて、身体に優しそうだね~って言いながら、
結局いつものコトながらパクパク食べまくり。
ひゃ~、最終的に確実にカロリーオーバー。ダメじゃん・・・。
ディナービュッフェは、2時間制で¥3,800。安いのか、高いのか?!



もともと私が見たいよ~って言っていた「ダ・ヴィンチ・コード」を見に行きました。
考えてみたら、今年初映画鑑賞だわ・・・。
ワカナッチに言われて気づいた!今日は1日、映画の日!!ラッキー!!!
周りの評判が賛否両論分かれている作品ですが、私の第一感想は「疲れた~~~」です。
さすがにあの大作を2時間半にまとめているだけあって、ボリュームが大きい&展開が早い。
作品的に情報量の多いものなので、最初から最後まで集中力が必要でした。
映像を見たり、字幕を読んだり、大忙し。
あ~~、こんな時、英語のヒアリングができればな~。
作品は、甲乙つけられないって感じでしょうか。
あの原作を考えれば、上手にまとめてあるな~という感じ。
しかし、登場人物の心理描写などは非常に薄いので、
そちらに重きを置いてしまうとつまらないかな。
詳しい感想はこちらから→

by azurblue | 2006-07-01 23:30 | 外ごはんDiary*都内


<< 白胡麻と甘納豆のドロップクッキー      初顔合わせ練習 >>