Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 12日

打上げ&お礼会→反省会

フラメンコ火曜日クラスの発表会打上げ&お礼会。
2年前の発表会の打上げにも利用した新宿伊勢丹会館に入っている「AEN」
先日知ったばかりなんですが、「AEN」ってモスバーガー系列のお店なんですって~。
どうりで有機野菜とかにこだわるコンセプトを掲げているわけね~。
店内はWood調の落ち着いた感じで、テーブルも大きめでゆったりお食事できます。
でも、今回みたいに大人数だと、テーブルが大きい分、お話が遠くて寂しい・・・。
お料理は、どれもこれも素材にこだわったメニューです。
味は、上品な感じですね。
今回も美味しかったんだけど、2年前に行ったときほどの感動がなかったのは何でかな?
e0089003_17204426.jpg
さて、今回はマリーアとまーちゃんが幹事のもと、12名が集合。
残念ながらフセッチはお風邪をダウン・・・。
昨年の忘年会も、フセッチは都合が悪くて来られなかったような?
お礼会ということで先生やギターの先生もお呼び立てしたのですが、
先生は他の打ち合せが入ってしまったということ。
にもかかわらず、乾杯だけ顔を出してくださいました。
「皆、よく頑張りました」とのコト。
そして、「もう少し踊りこめばもっとよくなるでしょう」と。
そりゃぁ~、そうですよね~。
まぁ、つまり言えば踊りこみが足りなかった、と。
まだまだ発表できるものに仕上がらなかった、と。
それは重々感じていたコトなのですが、なんか改めて凹んでみたりする。
時間がなかったのは、他のどのクラスも同じ条件だったわけで。
それなのに、完成具合がクラスによって色々なのは、どこにその差があるんだろう?
そんな風に頭をめぐらせていたら、
打上げの会は私にとって大いなる反省会になってしまったのでした。
しーーーかーーーもーーー。
すんごいすんごい大きなミス発覚。
昨日のログに「楽しく踊れた」みたいなコトを書いたけど、もうホントに消しちゃいたい・・・。
な・なんと。
バタ+アレグリの登場の際、私ったらヒロミッチのバタの裾を踏んずけていた!!
踊ってても、全く気づかなかったのよね、私。最低・・・。
友人が撮ってくれたビデオは、登場しきった後のジャマーダのシーンからだったので、
そんなことをしでかしている確認もできなかった・・・。
あぁぁぁ~、ホントにホントにホントーにごめんなさいっ!
ヒロミッチが躓いてるのみて「ん?」と思ったけど、まさか自分が踏んでたとは思いもせず!
振りを忘れて棒立ちになるとか、一人で振りを間違えちゃうとか、
そんなミスなら自分が恥ずかしいだけですむけど、
立ち位置を間違えるとか(ガロティン:amayaごめん!!)人の衣裳踏みつけるとか。
人に迷惑をかけるミスを本番でするなんて、ありえないっしょ・・・。
その後、満面の笑みで踊り続けている私を消去したい。。。
あぁぁぁ・・・・、もぉ、イヤ。。。



発表会が終わると、次の曲を決めたりするにあたって、クラス編成も若干変ったりします。
たぶん、火曜後半クラスに関しては、あまり変化無くこのまま行くのか?と思いますが、
別日で通っているカンパニークラス。こちらがどうなるのか・・・。
踊りのコト然り、人とのしがらみ然り。
色々と考える要素が、暗く私の心に差し込んだりして、踊りやめちゃおうかなぁ~、みたいな。
人に迷惑ばっかかけちゃうし、足手まといしちゃうし、そのくせでしゃばりだし。
さらには、ちーとも上手くならんし、コントラ入らないし、軸取れないし、集中力ないし。
なーんてグダグダ言ってみても、踊りやめてしまえるほどの腹はくくれない。
だったら、カンパニークラスをやめて、ベーシックのみにするとか、カルチャーに戻るとか?
それもまたキツイことから逃げるみたいで、中途半端な自分が嫌。
なんか、どうしていいかわかんないんだよなぁ~。
鬱積したものを抱えつつ家に帰ったら、ゆりっぺが2時間くらいそんな話に付き合ってくれた。
第三者的意見を聞いたら、スッとした。
 『上を目指せば目指すほど、レベルが上がれば上がるだけ、
  自分も他人も求めるものが大きくなるし、人間関係のしがらみだって強くなってくる。
  ただ楽しく踊れればいいと思うなら、カルチャーで楽しんでればいい。
  でも、その時は自己満足の世界でヨシとすること。
  ある程度貫こうと思うなら、多少の苦い部分は我慢しなくちゃ。
  多分、茶道・華道でもバレエ・演劇でも、普通の会社でもどの世界でもあるんじゃない?
  「楽しく・楽に・上手に」なれれば、そりゃイイけど、世の中そんなのは、なかなか無い。
  そんな甘いもんじゃないだろうし、虫が良すぎるよ。』
ふむ~。知らない人の意見とは思えないほど、核心を突いた意見だわ。
でも、私はプロを目指してるわけじゃないしなぁ~。
かといって、趣味の域は出ちゃってる気もするし。
 『もうすでに「趣味の一つです」ではなくなってきているんだし、
  他人から見たって、生活の中のパーセンテージは低くない。
  ここまで来ちゃってるんだから、このまま続けてみりゃいいじゃん。
  いちいち人の目を伺ってるなら、
  人の目が怖くなくなるくらい、自分が上手になればいいだけのことじゃん。
  喰いついてやっていこうとする人を疎む人はいないよ、特に先生はね。』
なんか、ちょっと腹が座った。
どうやら精神レベルがブルーな時期なようで、ちょっと不安定中ではあるけど、
人よりできないなら、人よりやろう、と心が決まった。
とりあえず、土曜日のレッスンからだわ。基礎からちゃんとやろう。
いやぁ~、ゆりっぺにはA型のマイナス思考&自意識過剰さを相当嫌がられました(苦笑)
でも、でも。辛抱強く、話を聞いてくれてありがと~、ゆりっぺ!!

by azurblue | 2006-12-12 23:59 | 外ごはんDiary*都内


<< 出会いたいときに。      妹ちゃんからのレポート >>