Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 14日

舞台公演鑑賞と美味しいご飯。

うぅぅ・・・、先週はちょっと遊びすぎた。。。
思い出し日記再び。。。
(→6月14日分・・・6月18日:記)

e0089003_11272639.jpg木曜日、会社を30分ほど早退させてもらって、四ツ谷区民ホールへ。
舞踊団の月曜メンバーが出演する公演が行われました。
毎回決められたテーマで色んなジャンルの舞踊が作品を発表する公演。
昨年は「I♡MOZART」のテーマで私も舞台に立たせてもらいました。
あれから一年、改めて客席側から舞台を見ると、一年という時間の早さを実感。
さて、第一部は"フレッシュコンサート"として若手舞踊家の発表の場となっています。
ここに出演した月曜メンバーたち。
いつも一緒に舞台に立ってきた仲間の踊りを客席から見るというのは、
なんだかドキドキした気持ち。
つい半月ほど前、群舞アレグリアスで一緒に公演に出ていたメンバーの"ポル・ブレリア"と、
マリちゃんセンセのソロ"ソレア"。
アレグリアスから2週間で気持ちを切り替えて、次の公演に備えるというのは、
やはり色んな意味で大変だっただろうなぁ。
気持ち良さそうに舞台に立つマリちゃんセンセ、毎度バシッと決めてくるポル・ブレリア。
その後ろには、Eちゃんセンセのカホンに、大好きなカンテ(=歌い手):あや子先生の声。
先日のカンテリサイタルの時にも思ったけど、やっぱりあの唄声、好きだわ~。
こうして客席から舞台を見るっていうのもやっぱり楽しい☆
第二部では、「古事記」をテーマに舞踊作品の発表がありました。
ここでは、昨年ご一緒させていただいた小林伴子先生&舞踊団が出演。
中には、正直「古事記」というテーマに理解が難しい作品もありましたが、
さすが小林先生の作品は、なるほど~な演出。
古事記・日本書紀に登場するオロチ伝説をシギリージャにのせて仕上げている作品。
黒いバタ・デ・コーラ(=裾の長い衣裳)は、大蛇のようだったし、
真っ白なマントン(=大判ショール)が舞う様子は迫力でした。
さらに、音楽には竜笛という和笛が加わり、
相変わらず凄まじい手さばきのパリージョ(=カスタネット)
久々にフラメンコを見て、踊りたい気持ちUP!私も頑張ろうっと♪
しかし、この公演はホント難しいテーマを取り上げるよなぁ~。
今年は「古事記」、その前は「モーツァルト」、その前は「小泉八雲」やら「ビートルズ」やら。



終演後は、会場近く新宿三丁目にある「随園別館」へ。
美味しいと評判で、前から名前は聞いたことがあった随園。
ここの一番のオススメメニューは、水餃子。
皮も肉厚のモチモチ&中身はジューシー。ボリューミーなのも嬉しい☆
そしてやっぱり小龍包。
この小さな包みの中のスープ、一滴も逃したくないなぁ~って一口で食べようとすると、
ジューワーッと熱いスープに口中を攻撃されるので、食べるのが難しい小龍包。
前歯で少し皮をかじって、フーフーしながら食べて大成功☆
う~ん、美味しい!
e0089003_11293521.jpg
デザートはバナナの飴炊き。
揚げたてのバナナフリットを、氷水に潜らせて提供してくれます。
カリッとした飴の歯ごたえと、トロッとしたバナナ。
こんなデザート初めて食べたけど、美味しかった!
中華はできるだけ大人数でいった方が楽しいなぁ~。
5人で、少しずつとりわけながら沢山お味見。
紹興酒もボトル一本あけちゃいました。
ダイエットなんてどこ吹く風。満腹な夜~。
e0089003_11295355.jpg
ダイエットメモ
<スタート時から>-1.0kg <前日比>-0.1kg
<体脂肪率推移>-1.3% <前日比> +0.8%
<目標>-3kg <目標まで>-2.0kg

by azurblue | 2007-06-14 23:59 | 舞台&映画


<< ドロップクッキーを手土産に♪      Partyイベントのお手伝い >>