2007年 10月 06日

渋谷でお寿司&クルシージョ

思い出し日記
(2007年10月6日(土)・・・10月21日(日)記。)

夜から、久々にウマウマの会のメンバーとご飯をしました。
キョーコ、アキちゃん、アキちゃんの旦那さんと4人でご飯。
アキちゃん夫婦が行きつけの渋谷の小さなお寿司屋さん「龍本」へ。
4人、カウンターに案内され、おしゃべりも大いに盛り上がりながらお寿司を堪能。
出してもらった茶碗蒸しは、優しいお味で秋を感じる♪
そして、秋の味覚のキングでもある土瓶蒸し
上品な香りが鼻に抜けるのだぁ~★
e0089003_11315183.jpg
お寿司も旬モノ:秋刀魚のにぎりが美味しい!
一足お先にフグのにぎりもいただきました。
やっぱりお寿司屋さんって、板前さんとの会話も楽しみの一つ。
カウンター越しにギャグを飛ばす板前さんとのおしゃべりも弾み、楽しい時間を過ごしました。
e0089003_11321554.jpg
「龍本」
HP:http://www.shibuyakyoueikai.com/shop/takimoto.html
住所:渋谷区桜丘町 4-21 作本ビル 1F
TEL:03-3458-8588



午前中からクラスに出て、久しぶりにAmayaとヒロミッチと3人でゆっくりランチを食べ、
その足でAmayaと二人で自主練に向う。
現在課題として取り組んでいる曲を一通り稽古するものの、
どれくらい身になっているかは不明・・・。自主練って難しい。
さて、ここからがメインイベント!
Amayaと二人でスペイン人講師(女性)によるクルシージョ(=短期講習)を受けてきました。
スペイン人講師はもちろんのこと、
私は今のお教室以外でレッスンを受けるという経験がないので、相当ドキドキ。
踊りはもちろん、スペイン語能力もナシ!の私が果たして無事にレッスンを受けられるのか?
クラスに行ってみると、だいたい同じくらいのレベルのメンバー15人ほど。
久しぶりに人見知り発揮で硬直気味の私を見て、Amayaに笑われた。
レッスン内容はテクニカ。
学生時代にスペイン語専攻だったAmayaにコソコソと通訳してもらいつつ、
なんとなく耳に引っかかって聞き取れるスペイン語をかき集めつつ、
あとは目で盗むしかないと先生凝視。
いつもとはまた違ったアプローチでのレッスンはとても楽しくアッという間に過ぎました。
先生が超カワイイ★
「Bien!<ビエン>=Good」とウィンクが決まるのはスペイン人のなせる技だわ。
そして、そのウィンクにイイ気になる私。
今まで出会ったことのない振りを踊ったり、ニュアンスを楽しんだり。
本場さながらのレッスンは貴重な体験となりました。
うーん、やっぱりスペイン語、勉強したくなっちゃうなぁ~。
・・・って、なかなかねぇ・・・。

by azurblue | 2007-10-06 23:59 | 外ごはんDiary*都内


<< 何もしないをしよう!な旅@水上温泉      スペイン国立バレエ団再び、そし... >>