Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 08日

YOLANDAさんのフラメンコ

思い出し日記
(2007年10月8日(祝)・・・10月22日(月)記。)

「シャレー ラ・ネージュ」をチェックアウトし、水上の道の駅に立ち寄り後、そのまま水上駅へ。
夕方から別件があり、一足お先に皆とはここでサヨナラ~。
さてさて、その別件とは♪
ずっと前から楽しみにしていたフラメンコBlog友:YOLANDAさんの発表会。
群馬→埼玉→東京→神奈川と電車の旅を楽しみ見つつ向かった先は、よこすか芸術劇場。
会場が!で・でかいっ!!
心ワクワクさせながら客席へ。
今回のYOLANDAさんの発表会は、
骨髄バンク登録推進運動 命のつどい」というチャリティイベントへの参加型です。
e0089003_031224.jpg寄付金を納めてプログラムをいただくというスタイル、こういうの、すごく良いですね。
残念なのが、全面撮影禁止ということ。
まぁ、普通そうですよね~。
さて、このイベントにはYOLANDAさんのチームだけでなく、そう、フラメンコ以外のジャンルの発表も。
フラダンス・バレエ・ヒップホップ・・・etc。
フラメンコに限らず、ダンスを見るのが好きなので、到着早々に楽しませてもらいました。
中でも、チビッコが一生懸命に踊っている姿は思わず全然見ず知らずの他人の子なのに、ウルッと来ちゃう。
ライトを浴びながら一生懸命に、そして楽しそうに踊る子供たちの姿に、鼻の奥がツン。
頑張れ、頑張れ♪もっともっと上手になるんだぞ~☆
そして、そして。
いよいよやってきました、舞台終盤。YOLANDAさん達の出番です。
チケットと一緒に入れてくださった丁寧なお手紙とおかげで、
すぐにYOLANDAさんやYOLANDAさんのお嬢ちゃま:クララちゃんも発見。
登場のYOLANDAさんは、サパテアード(=足振り)のソロがあったりすごいのです♪
フラメンコが好き~、踊るのが好き~。
そういう気持ちは舞台に立ったときにパッと見えるもの。
緊張が見え隠れする中にも、本当に楽しそうに踊るYOLANDAさんを見て、
見ているこちらも幸せになりました。
そして、踊りと共に注目すべきはお衣装!
手作りで仕上げていくYOLANDAさんたちのお衣装って、ホントにすごい。
寝間も惜しんで仕上がったお衣装、全ての踊りにピッタリでした。
興味深いのは、アバニコポケット付き衣裳。
こういうの、初めて見たからビックリすると共に、へ~と感嘆してしまいました。
詳しくはYOLANDAさんのページで→
私の一番のお気に入りは、ベリーダンスのようなアラビアンなお衣装に身を包んだルンバ。
そして、出演の方皆が登場されて踊ったセビ。
他クラスの舞台を見る機会というのは、ありそうでいてなかなか無いもので。
踊りって楽しいんだよね~!と見ている側も楽しむことができました。
YOLANDAさん、すごーく遅くなりましたが、改めてお疲れ様でした。

一つ残念だったのは、客席側のマナー。
次々と色んなチームが登場するので、客席の立着席は仕方がないこと。
でも、やっぱり席移動には腰を折って周りに配慮することが必要だと思うし、
通路の真ん中でドーンと突っ立っているなんてもってのほか。
色んなチームが出ているからこそ、沢山の応援の人たちに気持ちよく見て欲しい。
人の振り見て、我が振り直せ、ですね。



e0089003_0374884.jpg
何か、YOLANDAさんへの差し入れをと思いつつ、
YOLANDAさんのお好きなアップルパイを差し入れしようかと思っていたのですが、
パイ生地を仕込む時間がなく・・・。
アップルパイは、YOLANDAさんの妹さんにお任せし、私の方は、別のケーキにスライド。
購入済みのリンゴを使って、「キャラメルりんごのケーキ」を作りました。
カットしたリンゴをキャラメルソースで煮て、生地に混ぜ込みました。
見た目がちょっと地味ですね・・・。
粉糖でお化粧すれば良かったわ。

by azurblue | 2007-10-08 23:59 | 舞台&映画


<< 秋色パンプキンスープ      何もしないをしよう!な旅@水上温泉 >>