Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 22日

レイちゃん's BirthdayParty

フラメンコのレッスンを終えてから、なんだか体の調子がますます悪化。
う・・・。
が、レイちゃんのBirthday当日!
私自身のBirthdayパーティもとりまとめてくれたレイちゃんのBirthdayのお祝いですから、
ゆりっぺから痛み止めのお薬をもらって、
新宿にて行われるBirthdayパーティにかけつけました。
珍しくこの私がノンアルコール。
皆と会っていると、体調が優れないのも忘れちゃうくらい楽しいです。
とはいえ。
いつでも元気ハツラツの私が少しおとなしくしていたので、皆に心配かけちゃったかな?
e0089003_103559.jpg
Partyでは、Birthdayのプレゼントとしてミニシャンパンタワー。
レイちゃんはお酒が飲めないので、
シャンパンタワーならぬジンジャーエールタワーとなりました。
これって、キレイに分配して注いでいくのって難しいのね~。
初めてみたわ、シャンパンタワー。
レイちゃん、お誕生日おめでとう~!!!
思い出し日記
(2007年12月22日(土)・・・12月31日(月)記。)




早朝、Amayaからのメール。
風邪のため、レッスンをお休みしますとのこと。
ウゲッ・・・。
だって、ヒロミッチも新婚旅行中のためお休み。
ということは、、、リズムのレッスンがなんとマンツーマン。
私も朝から腹痛を感じていたものの、これじゃぁ休むわけにいかない・・・。
というわけで一人で向かったリズムのレッスン。
今年最後のレッスンだというのに、
その総括かと思うべくベッコリバッコリと凹んだレッスンとなりました。
「一年間何やってたんだよ」という先生のセリフに情けなくて。
確かに、いつもいつもがむしゃらな気持ちでレッスンに出てたけど、
振り返ってみたら何も成長していない気もする。
あぁ、、、ますますお腹が痛くなってきた。
腹痛というよりは、胃痛だな、こりゃ。
そんな重~い気持ちを抱えながら、午後は踊りのレッスン2クラスを受講。
通常レッスンでは、体作りを中心とした基礎レッスンを。
始終名指しで注意されまくり。
挙句先生からはため息までつかれちゃう始末。。。
先生の言っていることは、理論的には理解できているような気がするものの、
体のどこをどう使ったらイイのか全くわからず。
そこが体感として理解できていないのだから、
先生からため息をつかれようが、怒られようが何されようが、できないものはできないのだ。
と、ある意味変な逆ギレの思い。
レッスンを受けているうちに、なんかもうホントに自分でイヤになってきちゃって。
きっと皆も模索しながらレッスンを受けているのかもしれないけど、
私からしたら私以外の全員ができているような気がしてきちゃって・・・。
もう背中を向けてスタジオから出て行きたくなっちゃった・・・。
先生が私の後ろに回って手取り足取り指導してくれるものの、
できないという苦しさが強すぎちゃって、なんか思わずウルッと。
そういう時って、ホントだめ。
ウルッとした自分に気づいちゃうと「あ、ダメだ、私泣くかも。」と・・・。
汗を拭く振りをして瞳に溜まった水分を拭き取ってみたり(苦笑)
そんな状態で通常レッスンを終えた後は、3月の公演に向けてのお稽古。
いつもの状態を保てていない私が、思うように踊れるわけがない。
第一、自分の思いのままに踊れたって、注意点ばかりなのだ。
案の定、完全に生気を取られた状態でお稽古終了。
終了というよりは、お稽古中断という方が近いくらいだった。
あまりにも出演メンバーそれぞれの出来が悪く
先生としては、「こんな状態じゃお稽古つける意味がない」という感じだったらしい。
スタートラインに立てるのは、各自自主練をしてからということで。
課題・宿題を出されたところで、本年のレッスンは終了。
なんともズドーーンとした気持ちでの踊り納めとなってしまいました。
年の最後のフラメンコくらい、一年踊り続けられたことに感謝しながら、
新しい年もキラキラした気持ちで踊れるように思いを馳せながら終わりたかったなぁ・・・。

by azurblue | 2007-12-22 23:59 | 日々のイロイロ


<< 舞台:チャングムの誓い      山積みな年賀状 >>