Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 11日

水餅という魔法。

鏡開き。
最近スーパーで並んでいるお鏡餅は、
あらかじめ小分けされたお餅がパック詰めされているので、
裏側のビニールのペロッと開くだけ鏡開き。
まさに、鏡開き
が。
我が家のお鏡餅は、実家で暮れについたお餅なので、
鏡開きの頃にはしっかり乾燥してひび割れてカピカピ。
こうなったお鏡餅は、水餅にしちゃいます♪
食べ切れなかったのし餅も、カビが生えそうになったら水餅に。
もしもカビが生えてきちゃっても、多少のカビなら大丈夫。
カビの部分は丁寧にタワシなどで削り落としてから水の中へ。
e0089003_1713014.jpg
毎日ちゃんと水を取り替えて管理してあげれば、1~2ヶ月持つのです。
水に浸しておくだけの簡単魔法は先人からの知恵。
カビなんて食べちゃいけません!という文献もあるけどね・・・。
私は長年この方法で美味しく食べているのでね、あまり抵抗がありません。
実家でつくお餅には、防腐剤が入りませんから、どうしてもそのままじゃカビてきちゃいます。
そんなお餅も長く美味しく食べるためのワザ。
大切な食べ物を無駄にしないためのおばあちゃんの知恵袋ネタです。
思い出し日記
<2008年1月11日(金)・・・2008年1月18日(金)>




夜は、三週間ぶりに踊ってみました。
サパトス(=フラメンコシューズ)を見るのも、
レオタードを見るのも、
フラメンコ音楽を聴くのも、
とにかくぜーんぶが嫌っ!と思った年末。
それからズルズルと年が明け、
重たい気持ちを抱えながら、いよいよ翌日に迫った年始初レッスン。
あんまりにも心も体も重いので、
「このまま初レッスンを迎えたらヒドイことになるわ」と少々焦って、1人自主練をしてきました。
いやはや、びっくりするほど体が鈍りまくっていました・・・。
ちょっと踊っただけでゼーハー。
足打ちしてみても、リズムガタガタ。
・・・・・。
・・・。
だけど。
体を動かすのはちょっと気持ちイイなって思えたり。
フラメンコから回れ右して後ろ向きに全力疾走していた年末ですが、
逃げ出した足をちょっと止めて、もう一度フラメンコと向き合っています。
前向きに頑張る!というところまでは行き着いていませんが。
背中を向けたフラメンコを再び振り返り、でっかい山だなぁ~と見上げています。
はてさて、フラメンコ初稽古はどうなることやら。

by azurblue | 2008-01-11 23:59 | KitchenDiary*Dishes


<< お餅ネタ4連チャン・・・。      初トライ!白味噌のお雑煮 >>