Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 25日

久々の映画「地球が静止した日」

久しぶりにのんびりな日曜日。
S氏に誘われ映画に行きました。
最近、邦画がイイ感じで伸びてきていて嬉しいです。
「私は貝になりたい」も観たかったし、
「おくりびと」もアカデミー賞外国語映画賞部門にノミネートされたのを受けて、
こちらもチェックしておかなければ!って思ったり。
細々と上演をしていたこの2作品のどちらかを観たかったのですが。
残念ながら満席。
みんな考えることはいっしょだわ(笑)
というわけで、結局選んだのは「地球が静止する日」を見てきました。
e0089003_10305453.jpg
こちら、1951年に製作されたもののリメイク版なんですって。
60年前に作られたSF映画のリメイク。
まぁ、確かにCG技術なんかはスゴイなぁ~って思ったけど。
やっぱり目新しい感じのものはなくて。
どこまで初版に忠実に作っているのかわからないけど、なんとなく微妙・・・って感じ。
雰囲気は、「インディペンデンスデイ」みたい?
戦争や環境問題など、人類への警鐘っていうテーマなんですが、
なんとなく薄っぺらく感じちゃうのはなんでだろ?
とにかくキャスト陣が豪華なだけに、ちょっと残念でした。
でも、キアヌファンにはたまらないかも。
キアヌ・リーブスって、こういう無機的な表情の中で演じる役どころが多い気がしますが、
やっぱり格好イイですね~。
一緒に行ったS氏は、「楽しかったなぁ~」って言っていたので。
人が持つ感想って、ホントに色々で面白い。

by azurblue | 2009-01-25 23:59 | 舞台&映画


<< ごあいさつ。      心の潤い >>