Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 12月 30日 ( 1 )


2007年 12月 30日

恒例の年末行事

私が幼い頃から。
いえ、そのずっと前からずーっと続いている年末の我が家の恒例行事。
12月28日 或いは30日に行われる餅つきです。
29日につくお餅は「苦餅」となり、
31日につくお餅はお鏡餅が「一夜飾り」になってしまうので避けて行われます。
餅つきといっても、機械つきですけども。
それでも朝早くから大きなお釜にお湯をかけ、蒸篭に入れたもち米を蒸す作業が始まります。
e0089003_15214289.jpg
1時間くらいかけて蒸しあげたもち米を洗濯機のような(笑)機械に投入。
グルグルと5分くらいかけて機械つき(機械捏ね?)
そうやってつきあがったお餅は、すぐにのし板へ。
e0089003_15215833.jpg
ここまでの作業は男手(=父)の仕事。
これからは女手でのし作業&お鏡餅用の丸め作業です。
まだまだ熱々のお餅。
私は手のひらを真っ赤にして伸したり丸めたり。
祖母&母は、平気な顔して作業してるけど。
年を重ねると手の皮も厚くなるのかしら?(笑)
つきたてのお餅は、本当にスベスベで気持ちイイ~。これぞ本当のもち肌です。
e0089003_15222249.jpg
やっと全てのお餅がつきあがるころには、時刻も正午。
この日のお昼ご飯はつきたてのお餅。
あんころ餅にしたり、辛味餅にしたり、きなこ餅にしたり。
それぞれ自分の好きな食べ方でいただきました。
私は実家で収穫された大根を使っての辛味餅に☆
出来立てが美味しいのは何でも一緒です。幸せ~♪
e0089003_15234153.jpg
お餅つき。
今はスーパーで色んなメーカーさんのお餅を売っていますが、
やっぱり長年この環境で育っていると、
買って食べるだけでは味気ない気持ちがしてしまうもの。
半日かけて行う餅つきも大変ではあるけど、この先も毎年続けて行きたい行事の一つです。
e0089003_1524847.jpg
思い出し日記
<2007年12月30(日)・・・2008年1月7日(月)>


もう一つの年末行事。

by azurblue | 2007-12-30 23:59 | KitchenDiary*Dishes