Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:お稽古*cooking( 33 )


2008年 04月 27日

Cookingイベント&BirthdayParty

レジャークラブのイベントアテンドはCookingでした。
2年間続けてきたCookignイベントでしたが、
この度お世話になってきた先生がお教室を閉められるということで、
ラストイベントとなってしまいました。
イベントの企画から始まって、お教室探しとか会報誌への原稿起しとか。
いろんな作業を重ねて行ってきたイベントも最後かと思うと寂しいです・・・。
最後のCookignイベントは、皆でお料理した後に試食会を兼ねて先生のお別れ会を。
今回のCookingコンセプトは「簡単☆お酒の美味しいおつまみ」
本当にパパパッとできる簡単なおつまみレシピを色々と教えてもらって、
それらを囲んで乾杯☆
e0089003_1521980.jpg
ブルスケッタ
 ブルスケッタは、本当に手早くできる上に、
 お皿に並べるとそれなりにゴージャスなイメージがある♪
 パーティメニューはもってこいの一皿です。
 トマトをガス台で炙って皮をむく方法。
 私は湯剥き派だったけど、数が少ないときはこの方が早くて良さそうです。
餃子のペラペラピザ
 餃子の皮を使ったピザは、トースターでも焼けちゃうのでお手軽さ満点。
 何をトッピングするか考えるのも楽しいです。
 今回は、ツナ+味噌+チーズ。
 味噌とチーズの組み合わせは意外なようだけど、
 発酵食品同士の組み合わせって、なかなかいけるんです♪
筍のオーブン焼き
 旬の筍。
 「筍」って、感じで書くとすごいな。まさに「旬」にいただくべき食材ですね。
 その筍に、アンチョビ+チーズを乗せてオーブンへ。
 こんな組み合わせ、初めていただきました。
 美味しい~。
 料理っていうの?っていうくらい簡単に出来てしまうのも嬉しいところ。
アボカドとエビのカクテル
 もうこの組み合わせにハズレはありません。
 同じこのメニューでも、少しずつ違ったレシピがあったりして。
 自分好みのレシピを探すのも楽しいです。
落とした卵のナメタケ餡
 お湯に落とした卵。
 ちょっと目を離していたすきに固ゆでになっちゃったけど、それもまたご愛嬌。
 大根おろしとナメタケのトロトロ餡と一緒にいただいて、
 ホッコリ気分です。
高菜とザーサイのオニギリ
 刻んだ高菜とザーサイを混ぜ合わせただけのオニギリ。
 チョロリと落としたごま油がメチャメチャ効いてる♪
 お酒の〆にピッタリ。
ふきのとう味噌のおにぎりサンド
 押し寿司型を使って、サンドイッチ風のおにぎり。
 間には、先生お手製のふきのとう味噌です。
 ふきのとう味噌って、実は初めていただきました。
 ちょっぴり大人の味で、美味しい。
 日本酒や焼酎の〆にすごい合いそう~~~。
思い出し日記
2008年4月27日(日)・・・2008年5月26日(月)記


みゆきちゃんBirthdayParty

by azurblue | 2008-04-27 23:59 | お稽古*cooking
2008年 04月 14日

4月のお料理教室

毎週月曜日はフラメンコのお稽古日なのですが、先生のご予定でお休みとなったので、
お料理教室に行ってきました。
何かとバタついている中でも、
こうやってお料理教室にでかける時間などを大切にしたいと思っています。
お教室に行くと、なんかとてもゆったりした気持ちでお料理をしながら楽しむことができます☆
e0089003_1245250.jpg
一皿目は、「あさりとシイタケのエスカルゴバター
フランスで、エスカルゴのお料理に良く使われることから
"エスカルゴバター"と呼ばれるこのソース。
パセリやニンニク・エシャロットなどを混ぜ込んで作るバターソースを、
春に旬を迎えたあさりと共にいただきました。
"エスカルゴバター"でいただくシイタケも美味しかった~。
このバターソース、きっと色んな食材ともマッチするんじゃないかしら?
お魚やお肉も良さそうだし、ガーリックトースト的にいただくのも良さそう。
冷凍保存もできるということで、活用の幅が広そうです☆

e0089003_12453457.jpg二皿目は、「パテ・ド・カンパーニュ
パテというと、レバーのイメージが強いけど、豚肉にハーブを混ぜ込んでとろ火で焼き上げるフランスの伝統料理。
ひき肉を使わず、お肉を包丁でミンチにしていきました。FPを使わずに仕上げるので、お肉の食感が少し残っててイイ感じ。ナッツのアクセントも効いています。
手間はかかるけど、やっぱりその分美味しいです♪
思い出し日記
2008年4月14日(月)・・・2008年5月20日(火)記


デザートはこちらから。

by azurblue | 2008-04-14 23:59 | お稽古*cooking
2008年 03月 28日

3月のお料理教室

3月のお教室のメニューはイタリアンでした。
初めてお粉から作るパスタメニュー。
黙々と作業していくパスタ作り、楽しかったなぁ~♪

まず一皿目は、「春野菜のバーニャカウダ
オリーブオイルにたっぷりにニンニク&アンチョビを加えてつくるソース。
e0089003_18363914.jpg新鮮な春野菜を温かいソースで食べると、素材の味もしっかり楽しめ、美味しくてモリモリ食べられちゃいます。
「バーニャカウダ」をそのまま訳すと"温かいお風呂"の意になるとか。なんだか可愛らしいです♪
春キャベツ・スナップエンドウ・うるい。
"うるい"というのは春の山菜だそうですが、ワタクシ初めていただきました。
軽いほろ苦さと、独特のヌメリがあって、面白い食感です。

e0089003_18365379.jpgメインとなるのは「手打ちパスタの海老クリームソース
イタリア語で"小さな耳"となるオレッキエッテを作りました。強力粉とセモリナ粉をあわせた配合で生地作りから。パスタマシーンがなくても作れるタイプの手作りパスタ。
生地を1gずつ丸めて潰して・・・という作業は、とってもとっても地味な作業なんですけどね・・・(苦笑)
ソースはパスタと絡みやすいクリーム系のもの。春の彩りでエビのピンクとグリーンピースの緑。
ふふふ~、可愛い★そして、美味しい。
思い出し日記
2008年3月28日(金)・・・2008年4月16日(水)


デザートはこちらから。

by azurblue | 2008-03-28 23:59 | お稽古*cooking
2008年 02月 21日

2月のお料理教室

2月のお料理教室は、なんとベルギー料理でした。
ベルギーのお料理は、フランス料理の流れを強く引いたお料理なのだとか。
ビールの有名なベルギーでは、ビールの種類もなんと400銘柄もあるのですって!
もちろんお料理にもたっぷりビールを使ったバリエが多いとのこと。

e0089003_11231826.jpg
まずは食前酒。
いつもはワインをいただくのですが、
今回はベルギービールを使った先生のオリジナルカクテル。
シェリー・ビルギービール・トニックソーダを合わせたもの。
すごい飲みやすくて美味しい~。
思わずおかわりしちゃいました♪


e0089003_11233148.jpg

一皿目は、「チコリのグラタン
こちらもベルギー料理だそう。
チコリは、生のままサラダや前菜としていただくことは多いけど、こんな風にして火を通していただくのは初めてです。
チコリを一度茹で上げてから、ベーコンを巻いてグラタンにしていきます。
独特の苦味とチーズのまろやかさの相性がとってもイイ感じ。
主食のように食べたいときには、このチコリの上にさらにホワイトソースを乗せてからグラタンにするとボリュームUPしてOKだそう。

e0089003_11234819.jpg
メインは「ミートボールのビール煮と新じゃがのフリット」です。
本来はベルギーの黒ビールを使うこのお料理。
フルーティな香りが高いベルギーの黒ビール。
日本で購入すると値が張って、お料理に使ってしまうにはもったいないということで、今回は日本の黒ビールにフルーツ酢を合わせるアレンジ方法を教えてもらいました。
ポテトのフライが国民食というほどメジャーなベルギーのお料理に合わせて、付け合せは新じゃがのフリットです。
ゴロッと大きなミートボールをじっくり煮込み、ビールを使ったソースも美味しい☆

e0089003_1124297.jpg
デザートに作ったのは「お砂糖とシナモンのクレープ
これは、ベルギー料理というよりはフランスのお料理に近いもの。
ベルギーのデザートでは、ワッフルが一番有名だけど、ワッフルメーカーを持っていない生徒さんもお家で復習できるようにと、クレープレシピを教わりました。
お砂糖とシナモンだけのクレープ。
フランスのクレープ屋さんでは一番定番の組み合わせなのだそう。
薄く焼いたクレープ生地にグラニュー糖とシナモンをたっぷりふりかけて、折りたたんだらできあがり。
グラ糖のジャリッとした食感を少し残しておくのがフランス風。
思い出し日記
<2008年2月21(木)・・・2008年3月4日(火)>


やっぱり来たか・・・。

by azurblue | 2008-02-21 23:59 | お稽古*cooking
2008年 02月 03日

イベントアテンド☆Cooking:幸せ気分広がる煮込み料理

目覚めたら大雪。
辺り一面銀世界。
それでも本日はレジャークラブのお仕事日。
うぅ・・・、寒いよぉ・・・と思いながら会場に向かうその道すがら、
色々と考え事をしながら歩いていたら、足元を取られた。
スッテーーーーンッ!
痛ぁぁぁい( ,,´ノω<)
ハッ?!(°◇°;)
おパンツ丸見えでは?!
痛いやら恥ずかしいやら・・・。
もうぅ、いやぁ・・・。

そんなこんなで悲惨な目にあいつつ、本日はCookingイベントのアテンド業務。
幸せ気分広がる☆煮込み料理」ということでイベント開催されました。
e0089003_11204546.jpg
お料理が得意な人も苦手な人も、男性も女性も、
ワイワイ・キャーキャー言いながら皆で作ったお食事は美味しい♪
コトコトとお鍋をかけている間に広がってくる優しい香りと、
ホワホワお湯気でお教室の温度が上がってくる感じ。
やっぱり冬場の煮込み料理って、幸せ~な気分になるものです。
キャベツのミルフィーフ煮込み
 身の締まった冬キャベツは、こうやって火を通していただくのが美味しい。
 一つずつ作れば、ロールキャベツ。
 今回は大きくドーム型に作って煮込みました。
 こんな風に作ると、パーティメニューとしても使えそうです。
 ブールマニエを使って、クリームタイプのソースでいただきました。
 ホワイトソースを作るのはちょっと手間だな・・・と思っても、
 ブールマニエならお手軽に使えそう♪
インゲン豆と豚肉のパイン煮
 フルーツをお料理に使うのは、実はあまり得意じゃない私。
 でも、これは美味しかった~。
 多分パインがないと、アクセントが効かずに物足りないだろうなぁ~。
 ガルバンゾーやレットキドニービーンズをたっぷり使って、ホックリした食感の煮込み料理。
 優しい感じが嬉しいお料理でした。
温かほうれん草サラダ
 冬野菜、たっぷり食べられるメニューの一つ。
 やっぱりほうれん草とベーコンの相性はバツグンです。
 しっかり効かせたレモン汁が爽やかな風味に。
e0089003_11212985.jpg
思い出し日記
<2008年2月3日(日)・・・2008年2月8日(金)>


鬼は外~♪福は内~♪

by azurblue | 2008-02-03 23:59 | お稽古*cooking
2008年 01月 17日

1月のお料理教室

冷え込みが強くなった1月の半ば。
待ち合わせのキョーコとは肩をすくめながら、
サブーーーイッ!と手をすり合わせてお教室に向かいました。
そんな寒さのキツイ1月のお教室メニューは、アツアツのオーブン料理がメイン☆

e0089003_11115979.jpg一皿目は「小玉ねぎとうずら卵のピクルス」です。
下処理をしたら冷蔵庫で眠らせておくだけのお料理なので、
お客様料理としても重宝するかも。
特に女性が集まるときはこういうお酢のモノって好評だったりするんですよね~。
冷蔵庫で一週間くらいは持つそうです。
このピクルス、カレー風味となっていて、うずらの卵はうっすらと可愛い黄色に染まるんですよ。
まぁるい小玉ねぎとうずらが可愛い。形にこだわらなければ、他の色んなお野菜でも作れそうだなぁ~。
e0089003_1112138.jpg
メインは「豚と白いんげんのカスレ」でした。
カスレとは、フランス南西地方の郷土料理で白いんげんやお肉類を使った煮込み料理。
フランスでは、家庭によってレストランによって、使うお肉が異なったりレシピが少しずつ違ったりと、それぞれのお味があるメニューなんだそう。
お豆料理って、なんだかホッと懐かしい気持ちになるメニューだなぁって思います。
塩豚と白いんげんなどをじっくり時間をかけて煮込んでから、さらにオーブンで焼き上げます。
テーブルに運ばれてきたときは、鉄鍋からグツグツという美味しいそうな音が!パン粉を振りかけた上の部分はカリッ、中はお肉の旨みが染み込んだお豆がしっとり。寒い冬の時期に味わいたい一品でした♪
e0089003_11122624.jpg
デザートは「タルト・オ・ショコラ」です。
定番といえば定番のお菓子ですが、パートシュクレには細かく砕いたアーモンドが入っていて、タルト生地も食感が楽しめるようになっています。
大きなタルト型で焼き上げるのもイイけど、こんな風にミニサイズで一個ずつ作るのも可愛いなぁ~。うーーん、小さなタルト型が欲しくなってきた。
しっかり冷蔵庫で冷やすと、チョコの部分も固まるので、プレゼント向きになります。
そっかぁ、あと一ヶ月もすればバレンタインなんですもんね~。
思い出し日記
<2008年1月17日(木)・・・2008年1月25日(金)>

♪現在メインHPにてイベント開催中です。 くわしくはHPにてご案内中。♪

雪の朝。

by azurblue | 2008-01-17 23:59 | お稽古*cooking
2007年 12月 14日

12月のお料理教室

本年最後のお料理教室。
赤色のスープ、鴨肉を使ったメインなど、
クリスマスを意識したメニューを教えていただきました。
手間はかかるけど、どれも美味しいお料理ばかりでした。
e0089003_19204161.jpgさて、一皿目のスープは「ビスク」です。
「ビスク」とは、エビやカニなどの甲殻類を殻ごと野菜と炒めて、白ワイン・ブイヨンなどで煮込んで仕上げていくポタージュ仕立てのスープ。 エビや渡り蟹の旨みがギューーーッと詰まったスープは最高に美味しい~。
スプーンひとすくいごとに、ホワンと鼻に香ります。まさかビスクが自分の家で作れるとは思わなかったなぁ~。
しかし、手間がかかるのです、手間が・・・。

e0089003_19205764.jpgメインはクリスマス仕様の「鴨のソテー:オレンジソース」でした。皮をパリッと焼き上げたジューシーな鴨肉にあわせるのは、甘酸っぱくてコクのあるオレンジソース。少しカラメリゼして仕上げるオレンジソースは鴨肉とバツグンの相性でした。オレンジも皮ごと使うので、このほろ苦さが絶妙なアクセント。しかし、鴨からは驚くほどの脂がでるのですね~。結構本格的でしたので、特別な日のお料理かなぁ~。

e0089003_19211122.jpgデザートは「バナナとホワイトチョコのショートケーキ」です。なんと~、スポンジ生地にピュレ状にしたバナナを混ぜ込んであるので、スポンジ自体がバナナ仕立て。ちょっとモッチリした食感のスポンジ生地が焼きあがりました。クリームはホワイトチョコをあわせてあるので、冷蔵庫で冷やすと固まります。これなら手土産に作っても、クリームが固まっているから持ち運びにちょうど良さそうです。ホワイトチョコのコポーは、粉雪をイメージしてケーキの上にデコレーション。

思い出し日記
(2007年12月14日(金)・・・12月26日(水)記。)


今日のおやつ「Chou-Patti」のカップシュー

by azurblue | 2007-12-14 23:59 | お稽古*cooking
2007年 12月 02日

イベントアテンド☆Cooking:カジュアルパーティーメニュー

午後からレジャークラブのイベントアテンドのお仕事。
4ヶ月ぶりのCookingイベントです。
ちょうど、クリスマスや忘年会シーズンにあたるということで、
テーマは「カジュアルパーティーメニュー」ということで先生とご相談。
比較的簡単に作れるパーティーメニューを教えていただきました。
皆でお料理を作ったあとは、試食会を兼ねてスパークリングワインやビールでミニ忘年会。
自分たちで作り上げたお料理をいただきながらのミニパーティーは、
美味しくて楽しく、おしゃべりにも花が咲きました。
e0089003_1595859.jpg
パンファルシー
 フランスパンをくりぬいて、
 クリームチーズをベースにしたフィリングを詰めて仕上げるパンメニュー。
 これは、私も自分でたまに作るパーティメニューの一つ。
 冷凍保存もできるので、事前に作りおきをしておけるし、
 崩れる心配がないので、持ち寄りパーティにもピッタリです。
鶏手羽元の香味焼き
 ママレードを使った漬け込みダレに漬けておいて、
 オーブンに放り込んでおくだけで仕上がる一品。
 簡単なのに、テーブルが豪華になるのは嬉しい☆
 手羽元のほかに、スペアリブなどを使っても良さそうです。
かぼちゃスープ
 かぼちゃのスープはとても色んなレシピがあるけど、
 今回は小麦粉を使ってゆるめのルーを作って仕上げるタイプのレシピでした。
 時間があるときは、坊ちゃんかぼちゃなどを使って、
 くりぬいたカボチャをスープ皿として使うと、一気にオシャレ感UPになります。
デザート:アップルクランブル
 リンゴはレンジでチン!
 クランブルはビニール袋に入れて手でモミモミ。
 リンゴの上にクラムを乗せたらオーブンへ。
 こんな簡単に仕上がるとは思ってなかったので、新しい発見。
 このクラムは色々と活用方法が広がりそうです♪
思い出し日記
(2007年12月2(日)・・・12月11(火)記。)


落ち葉の絨毯

by azurblue | 2007-12-02 23:59 | お稽古*cooking
2007年 11月 16日

11月のお料理教室

月に1回の荻窪のお料理教室に行って来ました。
今月のメニューはちょっとおもてなし向きの上品なお料理でした。
ちょっと早めの忘年会やクリスマスPartyなんかにちょうど良いかも。
・・・といっても、このところ私は公演の準備などで忙しく、
まだまだ忘年会気分というわけにはいかないのですけどね・・・(苦笑)
e0089003_158211.jpgさて、お教室一皿目はアミューズ(=突き出し)として一口サイズの二品。「プチトマトファルシ」と「ブルーチーズのブーシェ」です。プチトマトは中身をくり抜いてカップ状にし、ハムやハーブを使った詰め物をします。仕上がりの形がサンタクロースを思わせる感じでX'mas向きだなぁ~♪ブルーチーズのブーシェは、ミニパイにブルーチーズと洋ナシをあわせていただきます。フランス人はお食事の前にこの小さなアミューズで1時間ほどワインタイムを楽しむのだとか。
e0089003_1581298.jpg二皿目のメインにはお魚料理「鮭のゆで煮」です。フランス語では"ナージェ"と呼ぶそうですが、低温で茹でることで鮭などもパサつかずに仕上げることができるとのこと。確かに鮭の仕上がりはしっとりとやわらかく美味しかった~。とてもデリケートで温度管理が少々手間のかかるお料理でしたが、それゆえに美味しかった♪そして、ブイヨンと生クリームをあわせて作るソースがたまらなく美味しいのです!スープのようにスプーンですくって飲み干したいほど★
e0089003_1582145.jpgデザートは「マロンプリン」です。先月の予告では栗のパウンドケーキということだったのですが、世間のバター不足に伴いメニュー変更になったとのこと。うーん、残念。先日マロンムースを作ったばかりだったので、パウンドケーキの方が良かったなぁ~なんて思ったり・・・。このマロンプリンはとにかく作り方が簡単でした。どんどん材料を混ぜ合わせてオーブンで湯煎焼きに。仕上げにはお好みでメイプルシロップを。栗とメープルの相性ってさすが!という感じです。
思い出し日記
(2007年11月16日(金)・・・11月21(水)記。)


バター不足。

by azurblue | 2007-11-16 23:59 | お稽古*cooking
2007年 10月 25日

10月のお料理教室

10月のお料理教室です。
秋になり、季節感たっぷりの優しいメニューを教えていただきました。
e0089003_23451698.jpg一皿目は、「かぼちゃとさつまいものクリームチーズサラダ」です。
かぼちゃのサラダってよく作るけど、さつまいもと一緒に使うなんて意外だなぁ。丁寧に裏ごししたかぼちゃ&角切りのさつまいも&クリームチーズ。さつまいもの存在は言われなくちゃわからないくらい控えめだけど、それぞれがイイ感じに絡み合って、秋色の美味しいサラダです。一緒に入ったルッコラや松の実の香ばしさがアクセントになって効いています。
e0089003_234735.jpg二皿目のメニューは、「卵のグラタン シメイ風」です。フランスの女性:カルマン・シメイの名前から来ているのだとか。
卵は固茹でにして、マッシュルームたっぷりのフィリングでファルシに。それをモルネーソースとあわせてグラタンに仕上げます。アツアツをふぅふぅ~しながらいただくと、チーズのとろけた感じと卵のファルシがイイ具合にマッチして美味しい~。グラタン料理のようなアツアツメニューが嬉しい季節がやってきましたね~。
e0089003_23495161.jpgお茶菓子は、「メレンゲクッキー」です。桜型の口金で搾り出すと、キレイな薔薇の花模様。ピンク色はラズベリー風味、白色はココナッツ風味。かなり甘いお菓子なので、沢山はいただけないけど、紅茶とあわせていただくと"女の子~"な気分♪
このピンクと白の薔薇模様が、「ベルサイユの薔薇」みたいでオシャレでしょ~☆と盛り上がっていました。アッという間に湿気ってペトペトしてくるので、プレゼント用にするときは、シリカゲルが必須です。
思い出し日記
(2007年10月25日(木)・・・11月1日(木)記。)


パンプキンマフィン。

by azurblue | 2007-10-25 23:59 | お稽古*cooking