カテゴリ:舞台&映画( 66 )


2013年 02月 24日

バレエ:京の雨傘

フラメンコのレッスンメイト、Amayaのお誘いでフジマリちゃん3と人で、
ABC-Tokyoバレエ「京の雨傘」を観に、表参道のTokyo Union Churchへ。
e0089003_0563964.jpg
『京の雨傘』は、フランス映画『シェルブールの雨傘』を日本版にアレンジされたもの。
第二次大戦中の若いカップルの切ない物語が、
『シェルブールの雨傘』の名曲に乗せて紡がれていきます。
お衣装も着物だったり、和の雰囲気を盛り込んだもので斬新でした。
途中、突然、島倉千代子の「人生いろいろ」で踊り始めたときは、
ちょっとあっけにとられましたが(笑)
こんな風にジャンルが違っても踊りに触れる機会は楽しい♪

表参道ダイニング:QUONS

by azurblue | 2013-02-24 23:59 | 舞台&映画
2013年 02月 17日

映画「ストロベリーナイト」

映画「ストロベリーナイト」を見てきました。
ドラマは見ていなかったのですが、
先日深夜に放送された『ストロベリーミッドナイト』はチラ見したりして。
姫川玲子役の竹内結子さん、カッコイイ女性をいい感じに演じていて、良かったです。
西島秀俊さんや大沢たかおさん、俳優陣もすごいカッコ良くてステキ♪
e0089003_114313.jpg
この映画、番宣番組でもお話されていましたが、
全編「雨」の中での撮影だったとのこと。
始終、雨のシーンですが、その雨の音やどんより重い雨空が、
すごく効果的に生かされた演出になってました。

映画は、うーーーん。
R12指定になっている通り、結構エグい映像も多くて。
苦手な部分も多くて。
見終わったあと、「疲れた…」っていう印象(苦笑)
エンディングも、スカッと感があるわけではないので、感想は分かれるかもなぁ~。
このドラマの空気感が好きな人には、絶大な人気があるんだろうなぁ~と思いました。

by azurblue | 2013-02-17 23:59 | 舞台&映画
2013年 02月 10日

観劇旅行:オーシャンズ11

私が今好きな、宝塚:花組トップスターの蘭寿さん

花組の新作「オーシャンズ11」が本拠地:宝塚の劇場で幕が開いたということで。
のっちゃんさんと観劇旅行♪
本場宝塚の劇場は、それだけでテーマパークみたいになってて、楽しい♪
e0089003_2591413.jpg
「オーシャンズ11」
予想はしてたけど、蘭寿さん…すっごいかっこよくてキュートでセクシーで。
想像してた以上にダニー・オーシャンにばっちりハマってた!
なんかかなりツボな作品でした。
演出としてのマジック…っていうか、イリュージョン(?)もかなり凝ったもので、面白かった!
周りの色んなキャラもたっていて、目が足りない~☆
ちっとも長く感じさせない、あっという間の3時間でした。

More

by azurblue | 2013-02-10 23:59 | 舞台&映画
2013年 02月 03日

スペイン国立バレエ団:グリート/セビリア組曲

フラメンコのレッスンメイト:amayaと、
スペイン国立バレエ団の公演を見にオーチャードホールへ。
前回の来日時、Aプロ・Bプロ共に観に行きましたが、
あれから6年ぶりの来日になるそうです。
e0089003_143014.jpg
今回は、Aプロを観に。フラメンコの舞台を観に行きたいな、と思いつつ。
最近、なかなか足を運べずにいたのですが、
やっぱり、舞台は定期的に観に行くべきだわ~と思いました。
本当に、素晴らしかった!

フラメンコだけでもなく、バレエだけでもない。
モダンダンス的要素も入っているし、もっとリズム的な要素も入っている。
「世界で最も熱い舞踊がやって来る!!」というキャッチコピーの公演でしたが、
"熱い"だけのものでもない。

うちの先生が良く言っている「冷静に熱く」「強く柔らかく」という、
一見相反することのようにも思える要素がしっかりと表現されていて、
「先生が言っているのはコレね!」というのをしっかり観てくることができました。

ものすごいテクニックに傾倒しているようでもないのです。
リズム・パソ・肉体の動きetc…が、すべて的確に丁寧に表現されていて、
本当に見惚れてしまい、アッという間に過ぎてしまった公演。

前回公演を見てから6年。
少しは舞台を見る目も成長できたかなぁ…?
いや、、、、やっぱり「スゴイ!キレイ!カッコイイ!楽しい~!!」でした(苦笑)



by azurblue | 2013-02-03 23:59 | 舞台&映画
2013年 01月 26日

映画「レ・ミゼラブル」

話題作「レ・ミゼラブル」を観てきました。
ミュージカル映画ということで、
実は最初、まったく気にも留めていなかった映画ですが、
友人が「3回も観にいった」という話を聞いて、
「それじゃぁ…」という感じで観にいってきました。

e0089003_1152316.jpg


良かった!
ミュージカルは好きだけど、ミュージカル映画っていうのは、なんか違和感があって、
あまり好きではないのですが…。
この「レ・ミゼラブル」は、普通のミュージカル映画と違って、
出演者に実際に生で歌わせて撮影されたとのこと。
全編ずっと歌い継いで進むのですが、
不思議と拒絶感を持つことなくすんなりと入り込めたのは、
出演者の演技力・歌唱力、
そして映像のパワーと脚本力のトータルバランスが取れていたからなんでしょうか。

いやぁ、本当に観れて良かった!
タイトルバックが流れた瞬間、思わず拍手しそうになったくらい。
「泣くよ」って言われていたので、しっかりハンカチ握り締めて観ましたが、正解。
序盤から涙。
随所に涙ポイントがあって、全編通して泣いてたみたい。
ちょっと泣き疲れました(苦笑)
実は、まだ舞台版は観たこととがないので、ぜひ舞台も見に行ってみたいな。

by azurblue | 2013-01-26 23:59 | 舞台&映画
2010年 09月 16日

宝塚宙組:蘭寿とむコンサート「"R"ising!!」を観劇☆

宝塚宙組蘭寿とむさんのコンサート「"R"ising!!」を見てきました。
18:30~の開演には、もちろん間に合わないので、会社早退(´▽`;)ゝ
宝塚って、お芝居やショーだけじゃなくって、コンサートなんていうものもやるのねぇ~。
すごいな。
会場は、人見記念講堂
人見記念講堂ってどこよ?って感じなんですが。
昭和女子大学の構内にあるホールで、初めて訪れました。
宝塚といえば、日比谷にある東京宝塚劇場でやるものばかりと思いきや。
色々イレギューラーな会場で行われることがあるらしい。
しかも、この人見記念講堂という会場は、東京宝塚劇場よりも客席数が多いのだとか。
2F席とかは見えなかったけど、とにかく満員御礼状態だったようなので、
まだトップさんでもないのに、すごいなぁ~とか思っていました。
e0089003_18351237.jpg
宝塚を観に行くと、お芝居よりもショーの方が好きな私にとっては、
1部も2部もショー(コンサート)という構成のコレがめっちゃ好きだった~☆
彼女のダンスがすごく好きでとにかく見飽きない。
唄声も優しい感じがするけど、それと同時にすごいエネルギーが感じられるのがイイ。

More

by azurblue | 2010-09-16 23:59 | 舞台&映画
2010年 08月 20日

「宝塚BOYS」を観劇

二日続けて観劇というのは、結構スケジュール的にもハードなのですが・・・(苦笑)
まっちゃんと二人でシアタークリエにて「宝塚BOYS」を観てきました。
自分の発表会が近くて、観劇とかいう余裕もないハズなんだけど(焦)
初演の評判が良かったと噂を聞いていたので、是非観たいと思っていたのが叶い嬉しい。
e0089003_12223649.jpg
評判通り、かなり良かった!
宝塚歌劇団の男子部として集められたメンバーが、
いつか大舞台に立つ日を夢見て稽古を続けるんだけど、
それぞれにぶつかりあったり、いろんな境遇故の葛藤があったり・・・。
そういう姿がすごく青春してて、爽やかに気持ち良く胸をうたれました。
結局、伝統を重んじる宝塚歌劇の世界では、周知の通り「男子部解散」に・・・。
この男子部のメンバーたちの必死な思いとか、結局叶わなかった彼らの夢。
観ていて、とても切なくなってしまって、泣けて泣けて・・・。
また、ストーリーの中では戦争が影を落とし、
ちょうど観劇時期が8月ということもあり、戦争についても改めて考えさせられたなぁ。
すごくじっくり考えさせられる部分もあり、お腹抱えて笑わせてくれる部分もあり、
最後はかなり号泣・・・。
久しぶりに大満足の舞台を観れたな~という感じ。
パンフレットには、
当時の本物の「宝塚男子部」のメンバーの写真やインタビューなども載っていて、興味深い!
出演メンバーでは、DIAMOND☆DOGSヨシ君東山義久)が出ていて、
相変わらずのキレのあるダンスはさすが!
彼のダンスは、ずーっと観ていたいなぁ~って気持ちにさせられます。

by azurblue | 2010-08-20 23:59 | 舞台&映画
2010年 08月 19日

宝塚雪組「ロジェ/ロック・オン!」を観劇☆

自分の発表会が近くて、
他の舞台観てノホホンとしている場合じゃぁないでしょうって時なんですが。
宝塚の舞台を観に行ってきました。
最近、すっかり宝塚観劇づいちゃってる私です(笑)
なんか舞台を観ると、レベルは全然違うものの・・・、
自分も頑張ろう!ってパワーが出て来る気がする♪
e0089003_1841661.jpg
観に行ったのは、雪組の公演で「ロジェ」「ロック・オン!」という作品。
この作品で、雪組のトップコンビが退団するということで、チケット入手も難しいという中、
のっちゃんさんにチケット取ってもらっちゃった♪
このトップ娘役の愛原実花さんは、つかこうへいさんの娘さん。
先日、この公演中にお父さんを亡くされて。
それでも舞台に経ち続けなければならないって、やっぱり過酷な仕事だなぁ~って思います。

More

by azurblue | 2010-08-19 23:59 | 舞台&映画
2010年 07月 30日

地球ゴージャス「X-day」を観劇☆

のっちゃんさんたーちゃんさんU君まっちゃんと一緒に天王洲の「銀河劇場」へ。
銀河劇場は、以前 フラメンコの先生が振り付けを担当された「Calli」を観に行って以来。
e0089003_13445641.jpg
岸谷さん寺脇さんが結成した地球ゴージャスの公演「X-day」を観に行ってきました。
地球ゴージャスの公演は、以前から人気があるのは知ってたけど、私は今回が初観劇。
これが噂通り、ほんとーーーーに、めっちゃ面白かったっ☆★☆
e0089003_13455864.jpg
出演者は6人だけの少人数舞台。
オムニバス形式で、一人ずつのエピソードが描かれていくんだけど、
それぞれのエピソードに皆が出演しているし、
演奏や小道具運びなども演者がこなしているから、皆ほとんど出ずっぱり。
深いテーマではあるんだけど、わかりやすいし、あまり深刻すぎるわけではなく。
シリアスな話なんだけど、コントみたいにめっちゃ笑える場面もあったり。
オムニバスで描かれながらも、最後に見事に糸が繋がるところも良くできていました。

全員黒の衣装で歌って踊るオープニング場面は、とにかく相当かっこいい。
岸谷さん寺脇さんの息の合った感じは、もう最高。
どこまでが脚本通りでどこからがアドリブなのかわからないほど大いに笑わせて頂きました。
森久美子さんは、さすがの存在感。
シリアスな演技がプロフェッショナルを感じさせていました。
元宝塚出身の陽月華ちゃんは、かわいくて、きれいで、スタイルもイイッ!
ダンスはさすがだし、エキセントリックな演技から爆笑キャラまで。
宝塚時代には観ることのできなかったはじけっぷりの彼女を楽しく見ることができました。
中川晃教さんは、はっちゃけたコミカルな役が上手くハマっていて、
彼自身が舞台を楽しんで演じられている感じが、見ていて楽しかったです。
一番印象的だったのは、藤林美沙さん
ダンスがとても素敵で見惚れてしまったし。
中国語なまりの日本語でしゃべり倒す勢いのすごさに圧倒。
彼女の舞台は、また機会があったら是非見てみたいなぁ~と思います。
それにしても、久々に大満足な舞台を見ました。
あぁ~、チャンスがあればもう一回見たかったなぁ~。

More

by azurblue | 2010-07-30 23:59 | 舞台&映画
2010年 07月 21日

宝塚宙組「トラファルガー」「ファンキーサンシャイン」を観劇☆

のっちゃんさんのお誘いで、
宝塚宙組「トラファルガー」「ファンキーサンシャイン」を観てきました。
お気に入りの宙組の観劇は、3ヵ月ぶり。
しかも宙組の公演でショーがあるのは久しぶりなので、すごい楽しみに行きました。
e0089003_1651388.jpg
お芝居の方は、やっぱり歴史的背景を理解してないとちょいと難しい。
フランスの英雄:ナポレオンは、日本でも馴染みがあるけど。
この「トラファルガー」は、
同じ時代を生きたイギリスの英雄:ネルソン提督にスポットを当てた作品。
ストーリーは、なんとなく面白くなかったかなぁ・・・。
ネルソンvsナポレオンの歴史物だと思って見ていると、
なんだか、話が不倫物になっていて。
うーーーん、微妙。
国と国とが大きな戦いをしているわりには、なんかストーリーが浅い印象。
まぁ、こういう舞台はあまり深く考えずに楽しんで観るのがイイのかもしれませんが。
沢山出て来る軍服の男役さんたちは、すごいカッコ良くてステキでした。

ショーが好き。

by azurblue | 2010-07-21 23:59 | 舞台&映画