Diary*azurblue

azurblue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:舞台&映画( 66 )


2010年 07月 04日

「まさかのchange!?」を観劇

まっちゃんシアタークリエにて「まさかのchange!?」を観劇。
シアタークリエ森光子さん「放浪記」を観に行って以来の来訪。
そんなに大きな劇場ではないけど、とても見やすい劇場だなぁ~と思います。

「まさかのchange!?」主演は、宝塚現役時代に好きで見ていた大和悠河さん
彼女の退団後の作品は、全部見ていますが。
彼女は、なんとも変幻自在という感じ。
退団後の2作に比べると、今回の役どころはハンサムウーマンという感じで。
男役を経験している彼女にとっては、やりやすい役どころだったのかな?
e0089003_12164897.jpg
作品は、ミュージカルコメディというのかな?
とにかく可笑しいコトを役者陣が大真面目にやっているものだから、ホントに面白い。
笑いすぎて涙出た。
内容は、落ち目にあるミュジーカル劇団の女性演出家:西園寺麗(大和悠河)が、
劇団の起死回生をかけて奮闘する中で、
劇団の掃除係の安田(中河内雅貴)と魂が入れ替わってしまう・・・。

こういう入れ替わりものって、昔から結構あって。
「山田ババアに花束を」とか。
最近で言うと、「パパとムスメの7日間」とか。
役者の入れ替わりの演技が面白くて、色々見てましたけど。
この舞台も面白かった~。
基本的にとってもわかりやすくて、ドタバタなコメディ作品。
痛快に笑えて、ラストはほんのり泣けたりして。
この作品の演出::玉野和紀さん
自身もストーリーテラー的に出演しているんだけど、タップダンスの名手とあって、
舞台中も、タップを中心としたダンスが盛りだくさんに入っていて、
踊りが好きな私としては、存分に楽しむことができました。

More

by azurblue | 2010-07-04 23:59 | 舞台&映画
2010年 05月 26日

DIAMOND☆DOGS「マスカレード」を観劇☆

のっちゃんさんと、銀座博品館劇場へ。
DIAMOND☆DOGS「マスカレード」を観てきました。
初めてDIAMOND☆DOGSの舞台を観ましたが。
いやぁ・・・・凄いっ!!!!に尽きる。
めっちゃカッコイイ!!
e0089003_17271682.jpg
DIAMOND☆DOGSは、
5人のダンサーと2人のボーカリストで組まれるユニットなんですが。
男性ならではの迫力あるダイナミック&アクロバティックなダンスが次々と繰り広げられ。
ダンスに興味があって、彼らのステージを観たことがない人は、是非一度観て欲しい!

More

by azurblue | 2010-05-26 23:59 | 舞台&映画
2010年 05月 16日

宝塚花組「虞美人-新たなる伝説-」を観劇☆

思わず、宝塚観劇が続いている感じなのですが。
のっちゃんさんに誘われて、宝塚花組「虞美人」を見てきました。
気に入って見ている宙組以外の組だと、誰が誰か顔もわからぬ・・・。
この「虞美人」というのは、過去に何度か再演されているそうで。
うちの先生も初舞台でこの作品に出ていたとか。
あんまり詳しいコトは知らないんだけど。
ストーリーは中国歴史物で。
中国史に疎い私は、途中で人間関係がわからなくなっちゃって。
もう、誰が誰やら・・・(苦笑)
こういうのは、事前に多少お勉強していった方がより楽しく見れるんだろうなぁ~。
e0089003_13455667.jpg


More

by azurblue | 2010-05-16 23:59 | 舞台&映画
2010年 05月 07日

宝塚星組「激情-ホセとカルメン/BOLERO」を観劇☆

ピンチヒッターで急遽神奈川まで宝塚の舞台を観に行くことに。
全国ツアーで神奈川県民ホールに来た宝塚:星組
お芝居は「激情-ホセとカルメン」、ショーは「Bolero」
KIWAさんが取ってたチケット、お仕事で行けなくなっちゃったので、譲ってもらったの。
e0089003_17585363.jpg
・・・といっても、翌々日に舞踊団のメンバーたちと観に行く予定なんだよね(笑)
というのも、フラメンコの先生がお芝居のフラメンコの振り付けを担当されたので。
先生にお願いしてチケットを取っていただいたの。
まぁ、私は同じ舞台を何度か観に行くことに対しては、なんの戸惑いもないので。
むしろ、ナマモノの舞台というのは、観に行く度に違った発見をしたり、面白いです。

More

by azurblue | 2010-05-07 23:59 | 舞台&映画
2010年 04月 22日

宝塚雪組「ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢」を観劇☆

のっちゃんさんムスコ君と一緒に宝塚:雪組の公演を観てきました。
赤十字社を創設したアンリデュナンを描いた作品。
雪組のトップスターの水夏希さんは、千葉市出身。
同郷ということで、なんか思い入れがあったりします。
今回のストーリーにもなっている赤十字社ですが。
ちょうど、私の母が日赤(=日本赤十字社)の千葉支部で奉仕活動をしておりまして。
さらに、水さんのお母さんも、日赤の千葉支部で活動されてるんですって。
という話をうちの母に聞きました。

その水さん
次の作品で退団なんだそう。
すごくスタイリッシュなイメージのある人で、
辞めてしまうというのは、寂しいなぁ~と思います。
e0089003_0512499.jpg
お芝居「ソルフェリーノの夜明け~アンリー・デュナンの生涯~」は、
もうお化粧が剥げるほどに泣いてしまった・・・。
テーマは、"戦争と平和""命の尊さ"といったことで、
今のご時世では気恥ずかしくなるほどに正義感の強い主人公。
でも、これが実在していたアンリデュナンという人物であり、
それが現在世界186の国&地域に広がる赤十字社の礎になっている事実が、
なんか深く胸に来たという感じでした。
「さぁ、ここで泣け!」「さぁ、ここで感動しろ!」というようにお膳立てされた演出に、
まんまと引っ掛かって(?)号泣してきたわけですが。
戦争という非常事態の中で、残酷さ・悲しみ・憎しみなどを抱えながらも、
敵味方が心を通じ合わせていく様子は、涙なしに観れなかったなぁ・・・。
それにしても。
ストーリーとは全然関係ないところで、すごく感動(?)したトコを一つ。
アンリデュナン演じる水さんの無精ひげ!
顎を覆う無精ひげが、なんとも自然に生えているのにビックリ。
しかも、カッコイイ。
っていうか、この人、女性だよね?!?!

ショーの方は。

by azurblue | 2010-04-22 23:00 | 舞台&映画
2010年 04月 08日

「戯伝写楽」を観劇

のっちゃんさんのっちゃんママたーちゃんさんと一緒に
青山劇場「戯伝写楽」の観劇。
青山劇場は、アキコ・カンダ先生の公演で、
円形劇場の方には訪れたことが何度かあるけど。
メインホールの方は初めて。
e0089003_129228.jpg
写楽
たった10ヵ月という短い活動期間の後、忽然と姿を消してしまったという絵師:写楽
今もなお、その写楽をめぐってのミステリーを追う研究者がいるらしい。
謎に包まれたその正体は、今までも諸説あったといいます。
その"写楽"が、もしも女性だったら?という設定で繰り広げられる作品。
写楽以外にも、歌麿北斎など色んな人物が出てきて。
こうした時代背景や写楽の謎についても、もっと知識を持って観たら、より楽しめたのかも。

More

by azurblue | 2010-04-08 23:59 | 舞台&映画
2010年 04月 04日

歌とトークとお料理と。

東京會館で行われた「ミュージカルサロン」というものに、
のっちゃんさんまっちゃんと行ってきました。
美味しいお料理&トーク&歌のイベントです。
先日まで「ブロードウェイミュージカル カーテンズ」という舞台をやっていた
大和悠河さん鳳蘭さんのトークショー。
ディナーショーって、きっとこんな風に行われるんだろうなぁ~って感じ。
その二人が出て来るまでの間は、東京會館の美味しいお料理に舌鼓。
♪春の特製オードヴル取り合わせ
♪白魚のスープ プロヴァンス風
♪牛フィレ肉フォアグラ詰めのポワレ マデラソースと共に
♪ヨーグルトのムース ブルーベリーソース 桜のシャーベット添え
e0089003_0495745.jpg


More

by azurblue | 2010-04-04 23:59 | 舞台&映画
2010年 04月 01日

宝塚宙組「シャングリラ-水之城-」 二度目の観劇☆

二日前に観に行った 宝塚宙組「シャングリラ-水之城-」
あんまりカッコ良くて素敵で。
良かったよ~~~~!って大騒ぎして、またチケット取ってもらっちゃった。
中一日置いての再びの観劇。
しかも、一人で観に行っちゃった。
我ながら驚く。
というのも、もうすぐ千秋楽っていうんだもん。
普通の宝塚の公演と違って、
この日本青年館で行われる特別公演っていうのは、公演期間が短いんですって。
じゃぁ~、終わってしまう前に やっぱりもう一回観ておきたいっ!って。

二日前に観てきたばかりでも、またすぐにあのダンスを観たい!って思うほどに。
あのダンスがカッコ良かった。
まぁ、お芝居はお芝居で、あの"異空間"が良かったんだけどね。
DVDとか、発売されるらしい。
このダンスを見たさに、DVDが欲しいくらいだっ☆

More

by azurblue | 2010-04-01 23:59 | 舞台&映画
2010年 03月 30日

宝塚宙組「シャングリラ-水之城-」を観劇☆

火曜日のLessonがお休みだったので。
のっちゃんさん宝塚の舞台を観に行きました。
といっても、会場は日比谷の宝塚劇場ではなくて、千駄ヶ谷にある日本青年館
たまに、外の劇場でも"特別公演"という形で公演が行われたりするんですって。
作品は、宙組『シャングリラ-水之城-』
夢々しい宝塚の舞台!っていう作品とはちょっと違っていて。
近未来ファンタジーっていうジャンル?らしい。
e0089003_0392288.jpg


More

by azurblue | 2010-03-30 23:59 | 舞台&映画
2010年 03月 13日

『ULTRA PURE!』を観劇

いつもの土曜日Lessonを終え、のっちゃんさんたーちゃんさんと一緒に
新大久保にある東京グローブ座へ舞台を見に行きました。
V6三宅健君主演の『ULTRA PURE!』
「死が身近に迫ったとき、“チェリー”はどんな行動に出るのか」
なんじゃそりゃっ!というコピーの舞台。
30歳を目前としたチェリーボーイの主人公:俊太郎三宅君が、
「童貞を卒業したい」というのが主のストーリーのコメディタッチの舞台なんだけど。
とっても可愛~~~~い舞台でした。
随所にコメディ要素が上手い具合にちりばめられながら、
見終わった後、ホワン☆と温かい気持ちになるハートフルな舞台に仕上がっていました。
e0089003_1275180.jpg


More

by azurblue | 2010-03-13 23:59 | 舞台&映画