タグ:レシピ ( 58 ) タグの人気記事


2012年 01月 03日

2011年 お年始

毎年恒例の親戚が集まっての新年会。
といっても・・・。
京都のお寺に嫁いだは、そのお仕事柄 帰省できず。
結婚2年目のは、昨年の海外転勤でお正月の風習がなくお休みが少なくて帰国できず。
結局、叔母の家族義理妹の両親が集まっての新年会となりました。
e0089003_13265681.jpg
お正月のテーブル風景は毎年変わらない。
例年、少しずつ家で作るものが減って、既製品が増えてきているけど。
それでも今年も祖母の親子三代でキッチンに立っておせち作り。
e0089003_13271818.jpg
昆布巻き
今年は億劫だから買ってこようと、市販品を買ってきたけど。
やっぱり祖母が1日かけてじっくり煮込んだ昆布巻きじゃないと納得がいかず、作ってもらいました。
筑前煮茶碗蒸しは、例年 の担当。
e0089003_13273122.jpg
金柑の甘露煮は、我が家で穫れた金柑を祖母が煮てくれました。
いつもは祖母が作るリンゴ寒ですが、今年はが担当。
リンゴ寒には紅玉を使った方が、色や酸味のバランスも良くてイイのですが。
今年は不作だったそうで、どのお店を回っても紅玉を置いてなくて・・・。
フジリンゴを使って、色味は色粉を少しばかり足しました。
祖母が作るリンゴ寒は、リンゴを煮た後に裏ごしをするので、口当たり滑らかなのですが。
今年私が作ったリンゴ寒は、ミキサーでピュレ状にしたので、皮が少し口に当たります。
リンゴの繊維も丸ごといただきます☆
コレは好みの問題だけど、皮が残っていても口の中でシャリシャリした感じがリンゴっぽくて、
これはこれで美味しいと思います♪

リンゴ寒 レシピ

by azurblue | 2012-01-03 23:59 | KitchenDiary*Dishes
2008年 10月 11日

秋色ジュース

いつもより1時間早く時間変更となったレッスン。
のんびり朝食というわけにいかなかったので、フレッシュジュースを朝食代わりにに。
冷蔵庫に入っていた秋の味覚でジュースにしました。
e0089003_119229.jpg
梨(豊水)1/2個+イチジク1個+冷水50cc+ハチミツ少々
ジューサーは片付けが手間なので(苦笑)ミキサー使用。
トロンとしたとろみのついた喉越しと、
梨のザラッとした舌触りが面白いジュースになりました。
美味しい~♪
と、しばらくした時。
ん???喉がイガイガ痒い!
えーーーー?!?!またぁ?!?!?!
モモやチェリーなど、数種類のフルーツにアレルギーを持つ私ですが、
軽度とはいえ同じような症状が。
しかも、アレルゲンが梨なのかイチジクなのかわからない・・・。

More

by azurblue | 2008-10-11 23:59 | KitchenDiary*Sweets
2008年 09月 23日

仕事と自主練とお彼岸参り。

世の中は秋の休日♪
でも、、、私はお昼からレジャークラブのお仕事。
遅刻気味でヒーヒー駆け込んで、仕事をこなしたあとは、そのままスタジオへ直行。
レッスンがお休みなので、レッスンメイトと自主練習。
発表会直前、お互いに不安要素を取り除くため、一つ一つ噛み砕いて練習。
さらに。
発表会直後に待っている地方公演の練習をチョビッと。
あの衣裳を着て、初めて踊ってみました。
重すぎる・・・。
うぅぅぅ~~~、こりゃ難しいよぉぉぉ。
そもそも。
半年前まであんなに踊りこんでいた「アレグリアス」をすっかり忘れてしまっていて。
全く踊れない(涙)
人間って、忘却の生き物なのね・・・。
先が思いやられます。
地方公演も不安ばっかりですが、とりあえず目の前に迫った発表会の方に集中するとして。
その後のことは、発表会が終わってから考えるとしよう。。。

お彼岸参り

by azurblue | 2008-09-23 23:59 | KitchenDiary*Dishes
2008年 02月 01日

紅茶のジャム♪

先日レシピブログさんのモニターで当たったリキュールの一つ「ティフィン
紅茶のスッキリした香りと甘みがイイ~感じ。
ホットミルクに混ぜていただいても、それだけで美味しそう♪
今回は、この「ティフィン」という紅茶のリキュールを使って"紅茶のジャム"を作りました。
e0089003_15362851.jpg
飲むあの紅茶がジャムに?という感じですが、
ほんのりと紅茶の香りが爽やかなサラリとしたジャムです。
フルーツのジャムと違って、
煮詰めてもトロミのつかない紅茶などには、ペクチンを使ってジャムに仕上げます。
パンに塗るのはもちろん、ヨーグルトに合わせてもGood。
パンケーキやスコーンに合わせて、ちょっと優雅なティータイムを迎えるのも楽しいし、
ストレートティに加えていただくと、紅茶の風味がUPするかも?
クロテッドクリームや泡立てた生クリームなどとあわせると、ミルクティ風♪
e0089003_1537664.jpg
<<材料>
アールグレイ茶葉 10g
熱湯  300㏄
グラニュー糖  100g+10g
レモン汁  小さじ2
ペクチン   11g
紅茶リキュール"ティフィン" 大さじ1+1/2

<準備>
・熱湯で紅茶を入れ、3分程度蒸らし、漉す。
・グラニュー糖10gとペクチンを混ぜ合わせる。

<作り方>
①紅茶液を鍋に入れ、グラニュー糖100gを加え溶かし混ぜる。
②沸騰したら火を弱め、レモン汁を加え混ぜる。
③さらにペクチン+グラニュー糖を合わせたものを加え、弱火~中火で火にかけ煮詰める。
④トロミがついてきたら紅茶リキュールを加える。
⑤清潔な瓶に移して冷ます。

熱いうちはトロトロな状態ですが、冷えるとペクチンの作用で固まります。
始めにペクチンとグラニュー糖を合わせておくのは、ダマになるのを防ぐためです。

リキュールを使ったバレンタインレシピ参加中♪
思い出し日記
<2008年2月1日(金)・・・2008年2月6日(水)>


キュートなゴムベラ。

by azurblue | 2008-02-01 23:59 | モニター
2008年 01月 30日

金柑チョコトルテ

先日、実家からもらってきた金柑を甘煮にしましたが
そちらを使ってミニサイズのケーキ「金柑のチョコトルテ」にしてみました。
仕上げには、先日レシピブログさんからのモニターでいただいた
オレンジのリキュール:グランマルニエを使っています。
柑橘類とチョコレートの相性が良いということは周知の通り。
しっとりとちょっと重めのチョコトルテは、ビターチョコを使って少しほろ苦い感じ。
さらに金柑の甘煮の爽やかな酸味と甘みが程よいアクセントとなります。
焼きあがったチョコトルテの仕上げには、グランマルニエをアンビベ。
少し大人テイストのチョコトルテです。
全体がグランマルニエの芳しい香りのベールに包まれる感じかな。
主張しすぎず、全体のバランスを整えてくれる感じがするグランマルニエは、
柑橘系のスィーツの魅力を存分に引き出してくれる感じがします。
e0089003_23562839.jpg
<材料>
製菓用ビターチョコレート 120g
バター 50g
砂糖 60g
卵 2個
牛乳 大さじ3
薄力粉 60g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
金柑の甘煮 適量 →レシピはこちらから。
グランマルニエ 適量

<準備>
・チョコレートは細かく刻む。
・卵は室温に戻す。
・牛乳を人肌に温めておく。
・薄力粉とベーキングパウダーをあわせて振るっておく。
・オーブンを160℃に温めておく。

<作り方>
①耐熱容器にチョコレートとバターを入れ、ラップをかけ電子レンジで加熱して溶かす。
 (湯煎で溶かしてもOK)
②溶かしたチョコレートとバターをまんべんなく混ぜ、少しずつ牛乳を加え混ぜる。
③さらに砂糖を加え混ぜ、溶きほぐした卵を少しずつ加え混ぜる。
④全体がしっかり混ざったら、振るった粉を加え、練らないようにサックリと混ぜ合わせる。
⑤生地を型の8分目まで流しいれ、生地の中央に金柑の甘煮を乗せる。
 160℃に温めたオーブンで20~25分焼く。
⑥焼きあがったら、グランマルニエをはけで塗って仕上げる。
リキュールを使ったバレンタインレシピ参加中♪
思い出し日記
<2008年1月30日(水)・・・2008年2月4日(月)>


お電話デート

by azurblue | 2008-01-30 23:59 | モニター
2008年 01月 21日

金柑の甘煮

e0089003_1312493.jpg
先日実家に帰ったとき、祖母が持たせてくれた金柑
生でいただいて食べ切れなかった分を金柑の甘煮にしました。
金柑の甘煮、作り方はいろいろあるけど、
祖母が作る金柑の甘煮のように破裂防止&タネ取り出しのための切り込みを入れました。
半分にカットして種を取り出す方法もあるけど、
ヘタからお尻の部分に向かって縦に向かって切り込みを入れました。
切り込みは一本でもいいけど、クルリと一周5~6本の切り込みを入れると、
提灯(?)のような可愛らしい形に仕上がるのがイイ。
小さな金柑の実を相手にナイフを使うのはちょっと大変なんだけど、楽しい作業でした。
ちょっと火加減が強かったかなぁ。
もう少しトロ火でコトコトゆっくり煮上げると、ふっくらとした感じになったハズ。
残念。
でも、お味はイイ感じ。
一口食べると、甘みと酸味と苦味がふわ~っと広がって、ちょっと懐かしい気持ちに。
お茶請けにしてもピッタリだし、パウンドケーキなどに混ぜ込んでも美味しそう。
冷蔵庫での保存も利くのでゆっくり楽しもう~っと。
※金柑甘煮:簡単レシピはコチラ→
思い出し日記
<2008年1月21日(月)・・・2008年1月28日(月)>

♪現在メインHPにてイベント開催中です。 くわしくはHPにてご案内中。♪

森進一?!

by azurblue | 2008-01-21 23:59 | KitchenDiary*Sweets
2007年 12月 15日

きょんたサンタからの贈り物&柚子パスタ

とっても美味しいパンを次々と生み出す「パンとお菓子にかこまれて…」のきょんたさん。
お家で事業を始められ、そちらで大活躍をしているきょんたさんは、
そのお忙しさから、現在はBlogを休止されています。
そんなきょんたさんからクリスマスのプレゼントが届きました。
「ケーキやパンを焼く時間がなく、市販のものでごめんね」
なんてメッセージをいただきましたが、
こんな風にお気遣いいただいていることに、何よりもの感謝です!!
e0089003_1218946.jpg
Book型の可愛い箱に入った焼き菓子の詰め合わせ。
こんな可愛らしいBOXのケーキがあるんだぁ~☆すごいオシャレ!
色んな種類をいただいたので、少しずつ楽しんでします。
そして他にもヘアクリップや時計まで。
実は私、時計を求めていたんです~。
携帯電話を持つようになってから、腕時計をしなくなってしまったのですが、
やっぱり時計がないというのは不便なんですよね。
きょんたさんからいただいたキーホルダー型の時計は、バッグにつけて歩けるので嬉しい♪
とっても嬉しいクリスマスのプレゼント、本当にどうもありがとうございます。
何かとお忙しくされていることと思いますが、どうぞお体だけは大切に。
いつかBlogを復活されて、またおしゃべりができることを楽しみにしています。
e0089003_12182255.jpg
思い出し日記
(2007年12月15日(土)・・・12月27日(木)記。)


柚子クリームパスタ再び:レシピUP

by azurblue | 2007-12-15 23:59 | ありがとう~感謝の気持ち~
2007年 11月 14日

きのこのポタージュ

e0089003_25634.jpg
おいしいパンがある時は、スープとあわせていただきたくなります。
先日のハロウィンパーティでお出しして好評だったきのこのポタージュ
レシピリクエストもあったので、分量計量もかねて作ってみました。
シーズン中に出回っているしいたけは、肉厚で香りも良く美味しい♪
そんなしいたけをスープにしちゃうのってちょっと贅沢な気もするけど、
鼻からフワッとしいたけの香りが抜けていくのはたまらなく幸せな気分になります。
一緒にいただいたのは、
このところ私の食卓を潤してくれているtamaちゃんのパン・オ・ルヴァンです。
※きのこのポタージュ:簡単レシピはコチラ→
思い出し日記
(2007年11月14日(水)・・・11月20(火)記。)


ショックーーーッ!!

by azurblue | 2007-11-14 23:59 | KitchenDiary*Dishes
2007年 11月 05日

ベリー☆ベイリーズ

レシピブログさんのモニターでいただいたリキュール:ベイリーズも、
ちょこちょこと飲んでいたら、もう残り少なくなってしまいました。
前にご紹介した「ベイリーズ・エッグノック」も「杏仁ベイリーズ」も、
共にホットカクテルだったので、今回はヒンヤリ冷たいデザートカクテルをご紹介。
甘酸っぱいベリーとヨーグルトの酸味、
そしてリキュール:ベイリーズの甘くてクリーミーな味わいがベストマッチ。
色味も可愛くジューシーな甘さが嬉しい「ベリー☆ベイリーズ」。
ロマンチックテイストなこんな一杯は、女の子同士のカクテルパーティにいかがでしょう?
e0089003_1393131.jpg
<材料>
・ベイリーズ:30ml
・バニラアイスクリーム:40g
・牛乳:大さじ1
・プレーンヨーグルト:大さじ1
・フローズンベリー(今回はフランボワーズを使用):40g
<作り方>
①全ての材料をミキサーにかけ、トロリとしたら出来上がり。
※お好みで牛乳を生クリームに変えると、さらにクリーミーさがUPです。
思い出し日記
(2007年11月05日(月)・・・11月11日(日)記。)
ベイリーズ「飲むデザート」レシピ参加中♪

公演3週間前の通し稽古。

by azurblue | 2007-11-05 23:59 | モニター
2007年 10月 29日

ナイトキャップに☆杏仁ベイリーズ

以前レシピブログさんのモニターでいただいたリキュール:ベイリーズ
先日~ベイリーズ・エッグノッグ~をUPしましたが、
レシピブログさんの特集記事内で取り上げていただいてて、嬉しくなっちゃった~。
ので、ウキウキをご報告。 ベイリーズ・エッグノッグの記事はこちら→
さて。 今回はちょっとアジアンな香りを漂わせた「杏仁ベイリーズ」です。
少し肌寒い季節になってきたからか、どうしてもホットカクテルでいただきたくなるのです。
夏休みに台湾旅行に行った際、「杏仁茶」なるものが売られていたけど、それに似てるかな。
杏仁豆腐で使われる"杏仁霜"は、もともと漢方薬としても用いられていたのだとか。
咳止めに効果があると言われています。
季節の変わり目、風邪ひきさんが増えてきたこの頃。
こんなナイトキャップはいかがでしょう?
杏仁とベイリーズの優しい香りでアロマ効果。
ベイリーズのアルコールで気持ちの緊張をほぐしつつ、心地よい眠りに誘われます。
e0089003_12171269.jpg

<材料>
・牛乳:200ml
・ベイリーズ:30ml
・杏仁霜:大さじ1
・砂糖:小さじ1~2(お好みで)
・クコの実
<作り方>
①沸騰直前まで温めた牛乳に杏仁霜・砂糖(お好みで)を加え、良く混ぜる。
②杏仁霜が溶けたら、ベイリーズを加えカップに注ぎいれ、クコの実を浮かべて出来上がり。

思い出し日記
(2007年10月29日(月)・・・11月6日(火)記。)
ベイリーズ「飲むデザート」レシピ参加中♪

More

by azurblue | 2007-10-29 23:59 | モニター